↑
おすすめ治療
おすすめ治療

しみ・しわ・毛穴・ニキビ跡に効果的
あらゆる肌悩みにアプローチ可能なピコシュア

ピコシュアは、数あるピコレーザー(ピコ秒レーザー)の中でも、シミ・しわ・ニキビ跡・タトゥー除去の分野において米国FDA(日本の厚生労働省のような組織)の認可を取得している唯一の機器です。ピコシュアはレーザー業界世界最大手の「サイノシュア社」が開発した医療用レーザー機器で、一般的なレーザー(ナノ秒レーザー)よりも1000分の1秒早い、1兆分の1秒という単位でレーザーを瞬時に照射できる点が特徴です。照射時間が短いため、お肌への負担を減らし、効率よく施術を行えます。さらにピコシュアには3つの照射モードが搭載されており、しみ・しわ・毛穴の開き・ニキビ跡など、様々な肌の悩みに対して治療を行うことができます。

こんなお悩みにFOR SUCH TROUBLES

  • しみやそばかすを取りたい
  • 肝斑を消したい
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)や青あざ(太田母斑)を改善したい
  • 肌のくすみを改善したい
  • 小じわが目立つようになってきた
  • ハリのあるお肌に憧れる
  • 毛穴の開きや黒ずみが目立つ
  • ニキビ跡を改善したい
  • キメ細かいお肌に憧れる
  • 従来のレーザー治療では効果を感じられなかった

ピコシュアの施術

ピコ秒(1兆分の1秒)単位で施術可能

graph

ピコシュアはピコ秒(1兆分の1秒)という単位でレーザーを瞬時に照射することができます。従来の一般的なレーザー(ナノ秒:10億分の1秒)よりも照射時間が短くなることで、皮膚への負担を減らすことができる他、痛みが少ない点が特徴です。
一般的なピコレーザー (波長:1064nm)よりも短い755nmの波長を使用しているピコシュアは、よりメラニン色素に吸収されやすいため効率的な治療ができると考えられています。そのためこれまでのレーザー治療よりも、少ない治療回数で効果を期待することが可能です。

衝撃波で細かくメラニン色素を破壊

image

従来のナノ秒レーザーは熱エネルギーによってメラニン色素を破壊していました。それに対しピコシュアでは、衝撃波によってメラニン色素を砕きます。衝撃波を用いることで、これまでよりも細かくメラニン色素を破壊することができ、また周囲の肌組織にダメージを与えることなく、しみをピンポイントで除去することが可能です。また、メラニン色素を細かく砕くため色素沈着が起きにくく、レーザー照射後にかさぶたができにくいため、治療後にテープで保護する必要がありません。そのため、施術翌日からメイクをすることも可能です。

3種類の照射方法で様々なお肌悩みを解決

ピコレーザーにはピコスポット・ピコトーニング・ピコフラクショナルの3つの施術モードが搭載されています。さらに当院では、ピコシュアと他の施術を組み合わせたオリジナルのプランも導入しており、肌の悩みや治療の目的にあわせて最適なものを選択することが可能です。

【ピコスポット】シミ・そばかす
ピコスポットは、しみ・そばかすなどをピンポイントで除去する施術です。ピコレーザーの衝撃波によって、しみ・そばかすの原因であるメラニン色素を破壊します。肌に熱ダメージを与えないため、ダウンタイムが短い点も特徴です。Qスイッチレーザーなど一般的なしみ取りレーザーと異なり、治療後にテープで保護する必要がないため、お仕事などでお顔にテープを貼れない患者様にもお受けいただけます。
image

表在性、並びに深在性の色素性病変がターゲットとなる。

image

PicoSecondで照射されたエネルギーはフォトメカニカル効果を引き起こし、ターゲットを振動させ、粉砕する

【ピコトーニング】シミ・肝斑・くすみ
ピコトーニングは、一般的なレーザートーニングのピコバージョンで、顔全体に点在するしみや肝斑、くすみなどの改善に効果的です。低出力のレーザーを顔全体に照射することで、顔中に広がるメラニン色素を除去します。しみ・そばかすだけではなく肌の色ムラなどにも作用し、全体的なトーンアップにも効果が見込まれます。
image

肌への均一なエネルギー伝達によってしみ・肝斑などのある層へ多くのエネルギーを照射

image

効率的にメラニンのみをターゲットとして照射。粉砕された色素は体の自然サイクルにより排出される。

【ピコフラクショナル】毛穴・小じわ・ニキビ跡
ピコフラクショナルは、小じわ・毛穴の開き、ニキビ跡などの改善に適した治療法です。レーザーを点状照射(フラクショナル照射)することで、コラーゲンの産生を促進させます。この働きによって小じわや毛穴の開き、ニキビ跡などを改善する効果が見込まれます。
image

肌ハチの巣状に回折されたビーム光により、高エネルギーゾーンと低エネルギーゾーンを生み出す。

image

高エネルギーゾーンを損傷させ、創傷治癒効果によってコラーゲン・エラスチン産生を促進

【ピコスーパー美白】美肌×美白ピコトーニング+プラソニック(GENEREX)
ピコスーパー美白では、ピコトーニングとプラソニックを併用します。プラソニックは、美容成分や薬剤を効率的にお肌に浸透させる超音波伝導機器です。色素沈着防止・活性酸素除去・水分保持などの美白・美肌効果が期待できるGENEREXという薬剤を用いて施術を行うことで、より一層美肌効果を高めます。
image

ピコレーザー

image

プラソニック

【ピコリフト】美肌×小顔ピコトーニング・ピコフラクショナル+ヴィーナスシリーズ
ピコリフトは、ピコトーニング・ピコフラクショナルと、小顔や引き締め効果のあるヴィーナスマシン(ヴィーナスフリーズ・ヴィーナスレガシー)を併用して行う当院オリジナルの治療です。しみ・くすみ・毛穴などの、お肌のお悩みにアプローチしながら、さらにフェイスラインを引き締める効果も期待できるため、美肌+小顔効果の両方の効果をお求めの方にお勧めです。
image

ピコレーザー

image

ヴィーガスシリーズ

施術部位OPERATION SITE

施術部位

施術の流れFROW

STEP1
カ診察・カウンセリングを行います。患者様のお肌の状態やご希望などを考慮し、施術方法を決定します。
STEP2
メイクをされている場合は、クレンジングと洗顔をしていただきます。メイク落とし・洗顔料は当クリニックでご用意しております。
STEP3
ピコレーザーを照射します。施術方法によって異なりますが、おおよその施術時間は下記の通りです。
ピコスポット:5〜25分程度(治療するしみの数によって異なる)
ピコトーニング:10分程度
ピコフラクショナル:15分程度
STEP4
ピコトーニング・ピコフラクショナルの場合は、パックをして施術終了となります。術後の経過やアフターケアについてご説明し、そのままご帰宅いただけます。

リスク・副作用Risks and Side Effects

レーザー照射時に腫れや痛みを感じることがありますが、1〜5時間程度で落ち着く場合がほとんどです。また照射後1週間ほどは、シミ・そばかす部分に薄いかさぶたが生じる可能性があります。照射後は肌が敏感になっており、紫外線の影響を受けやすくなります。日焼け止めなどを使用し、紫外線対策を行なってください。 照射後数ヶ月ほどしみが濃くなったり肝斑が悪化する可能性があります。

ダウンタイム・術後
についてAftercare

ピコスポット照射後は、一時的にしみが濃く浮き出ますが、1週間程度で剥がれ落ちることがほとんどです。ピコトーニング・ピコフラクショナル照射後は、照射部位に赤みが生じることがありますが、術後の経過とともに落ち着きます。

料金表PRICE

コース料金(税抜き)
ピコスポット初回限定5㎜以内¥3,980
顔取り放題 1回¥98,000
ピコトーニング(パック付き)初回¥8900
1回¥18,000
5回¥85,000
7回¥112,000
10回¥150,000
ピコフラクショナル(パック付き)初回¥18,000
1回¥39,800
5回¥140,000
7回¥189,000
10回¥260,000
ピコトーニング+ピコフラクショナル
(全顔・パック付き)
初回限定¥23,000
1回¥49,800
3回¥141,000
5回¥225,000
7回¥294,000
10回¥380,000
ピコスーパー美白初回限定¥18,000
1回¥38,000
5回¥175,000
10回¥280,000
ピコリフト初回限定¥18,000
1回¥38,000
5回¥175,000
10回¥280,000

Q & ACONSULTATION

ピコシュア(ピコレーザー)の施術時間を教えてください。
ピコシュア(ピコレーザー)の施術時間には、個人差がありますが、おおよその場合下記のようになります。
  • ピコスポット:5〜25分ほど(治療するしみの数によって異なる)
  • ピコトーニング:10分ほど
  • ピコフラクショナル:15分ほど
ピコシュア(ピコレーザー)は施術中に痛みを感じますか?
ピコシュア(ピコレーザー)の施術中には、下記のような痛みを感じる場合があります。
  • ピコスポット:輪ゴムでパチンとはじかれるような痛み
  • ピコトーニング:照射部位がチリチリするような痛み
  • ピコフラクショナル:照射部位がジリジリするような痛み
なお、痛みの感じ方には個人差があります。
ピコシュア(ピコレーザー)と他の施術を組み合わせることは可能ですか。
ピコシュア(ピコレーザー)は、プラソニック(プラズマ導入)やイオン導入などと併用することで、より高い効果を期待できます。
施術における注意点
  • 光過敏症の患者様
  • 日光過敏を誘発する内服薬を服用されている患者様
  • 光が原因でてんかんが誘発される患者様
  • 経口イソトレチノイン(アキュテイン®)を6ヶ月以内に内服した患者様
  • 照射予定部位に傷や炎症がある患者様
  • 全身性炎症性疾患をお持ちの患者様
  • 悪性黒色腫が疑われるほくろのある患者様
  • 照射予定部位にヘルペスが生じている患者様
  • 金の糸による施術・金製剤の内服など、金関連物質を体内にお持ちの患者様
  • 妊娠中や授乳中の患者様
  • 4週間以内にレーザーやフォト系の治療を受けられた患者様
  • 1週間以内にボツリヌス治療を受けられた患者様

上記に当てはまる患者様には、施術をお受けいただけません。あらかじめご了承ください。

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。
個人輸入において注意すべき医薬品等についてはこちらのサイトもご参照ください。

他施術との違いDIFFERENCE

ピコシュア(ピコレーザー)は、従来のレーザー治療のような熱エネルギーではなく、衝撃波によってメラニン色素を細かく破壊するため、周辺の組織にダメージを与えることなくしみ部分をピンポイントで改善する効果が期待できます。熱エネルギーではなく衝撃による照射のため肌へのダメージが少なく痛みが少ない点も特徴です。3つの施術モードがあり、悩みにあわせて適した照射を行うことが可能です。