↑
↑

Surgery 二重整形・二重埋没・切開

二重整形、黒目整形から眼瞼下垂治療、まぶたのたるみ治療まで。
当院では幅広い年齢層の方の
「目元のお悩み」に対応しております。

施術例EXAMPLE

大人黒目法(眼瞼下垂治療・二重整形)

施術前後

  • 治療名:大人黒目法(眼瞼下垂治療・二重整形術)
  • 費用:308,000円
  • リスク・副作用:腫れ、赤み、痛み、内出血など

詳細はこちら

大人黒目法によるくぼみ目の改善
(眼瞼下垂治療・二重整形)

施術前後

  • 治療名:大人黒目法(眼瞼下垂治療・二重整形術)
  • 費用:308,000円
  • リスク・副作用:腫れ、赤み、痛み、内出血など

詳細はこちら

大人二重法

施術前後

  • 治療名:大人二重法(二重整形)
  • 費用:165,000円
  • リスク・副作用:腫れ、赤み、痛み、内出血など

詳細はこちら

大人二重法

施術前後

  • 治療名:大人二重法(二重整形)
  • 費用:165,000円
  • リスク・副作用:腫れ、赤み、痛み、内出血など

詳細はこちら

二重埋没法

施術前後

  • 治療名:二重埋没法(2点留め)
  • 費用:107,800円
  • リスク・副作用:腫れ、赤み、痛み、内出血など

詳細はこちら

二重埋没法

施術前後

  • 治療名:二重埋没法(2点留め)
  • 費用:165,000円
  • リスク・副作用:腫れ、赤み、痛み、内出血など

詳細はこちら

二重整形・眼瞼下垂治療・目元の
クマ・たるみ治療は
このような方におすすめです

このような方におすすめ
  • 形の整った二重まぶたになりたい
  • 黒目がちな魅力的な目元のしたい
  • 二重まぶたの左右が気になる
  • 若い頃よりも二重まぶたのラインが狭くなった
  • まぶたが重たい
  • 目元のクマが気になる
  • 目元のたるみが気になる

【お悩み別】
症状に適した二重整形・眼瞼下垂治療・目元のクマ・たるみ治療

数ある目元の治療の中でも、特に眼瞼下垂治療においては上まぶたがたるんでいる原因を的確に判断する必要があります。たるみの原因を正確に把握した上で施術法を選ばないと、術後にイメージと異なる仕上がりになったり、機能面において不具合が生じることもあるため注意が必要です。

二重まぶたになりたい(まぶたのたるみ/なし)

二重まぶたになりたい
  • 一重まぶたを二重にしたい
  • 二重のラインを調整したい(左右差・幅の太さなど)
  • 奥二重をくっきりした二重まぶたにしたい
  • 平行二重、末広二重など二重ラインの形にこだわりたい

まぶたにたるみがなく、二重のライン形成・調整のみを希望される際には二重整形術が適応となります。二整形にはメス不要・糸のみで施術を行う「二重埋没法」と、皮膚を切開して二重ラインを作る「二重切開法」があります。手軽にできる埋没法が人気ですが、できるだけ長期間ラインを持続させたいという際には切開法がお勧めですし、患者様のご希望やイメージにあわせてお選びいただくことが可能です。また二重整形の他院修正術も行っておりますので、「過去に二重埋没法をしたけど糸が取れてしまった」「別のクリニックで二重整形をしたもののラインを変えたい」といったご相談も承っております。

二重まぶたになりたい + まぶたのたるみ(皮膚のたるみ)改善

二重まぶたになりたい + まぶたのたるみ(皮膚のたるみ)改善
  • まぶたがたるんで以前よりも目が小さくなった
  • 以前よりも二重のラインが狭くなった
  • 若い頃のようなくっきりした目元に戻したい

眼瞼下垂はミュラー筋や挙筋腱膜といった目元を開閉に関連する筋肉が原因で生じますが、これらの部位に問題はないものの、「まぶたの皮膚」がたるんでいることによって、目が小さく見える・二重のラインが崩れるといった症状になることもあります。この場合は二重埋没法を応用する形で余った皮膚を織り込み、以前のような二重ラインを再現することが可能です。

二重まぶたになりたい + まぶたのたるみ(眼瞼下垂)改善

二重まぶたになりたい + まぶたのたるみ(眼瞼下垂)改善
  • まぶたがたるんで以前よりも目が小さくなった
  • 以前よりも二重のラインが狭くなった
  • まぶたが重たい
  • 若い頃のようなくっきりした目元に戻したい
  • まぶたを上げるためと額にしわが寄る
  • こりや片頭痛がある

まぶたのたるみの原因がミュラー筋や挙筋腱膜といった目元を開閉に関連する筋肉のゆるみの場合は、まぶたの余った皮膚を折りたたむだけではまぶたのたるみを改善することができないため、筋肉の処置を伴う眼瞼下垂治療が適応となります。「黒目法(黒目整形)や「大人黒目法」では、眼瞼下垂治療を行う際に二重まぶたのライン調整を行うため、すっきりと華やかな目元に改善することが可能です。いずれもメスを使用せずに糸によってまぶたのたるみ改善(眼瞼下垂治療)と二重整形を行うことができるため、できるだけダウンタイムを抑えたい方にお勧めです。

まぶたのたるみ改善(二重のライン調整なし)

まぶたのたるみ改善(二重のライン調整なし)
  • まぶたのたるみを改善したい
  • まぶたが重たい
  • 二重ラインは今のまま変えたくない

二重のライン調整を行わずにまぶたのたるみのみを改善することも可能です。軽度のたるみであればメスを使用せずに、二重埋没法を応用する形でたるみのみを改善することができます。まぶたのたるみが重度の場合は切開を伴う眼瞼下垂治療となり、どちらが適応になるかは事前の診察にて医師が判断します。
その他、上まぶたのたるみ取り治療にはエコツーというフラクショナルレーザーを使用した施術もあります。フラクショナル(CO2)レーザーによって肌組織を収縮しコラーゲン産生を促進することでたるみを改善します。レーザー治療はダウンタイムが少ない点が特長ですが、改善するためには3~5回程度の照射が必要になります。カウンセリングや診察を通して、症状の重・軽度や患者様のご希望にあわせて適した施術をご提案させていただきます。

目の下のクマ・たるみを改善したい

目の下のクマ・たるみを改善したい
  • 目の下にできたクマが気になる
  • 目の下がたるんでいる
  • 目の下が膨らんでいる

目の下のクマ・たるみは、加齢によって眼窩脂肪(眼球の周囲にある脂肪)が下垂することにより、目の下に凸凹ができたり皮膚が膨らんでしまうことによって生じる症状です。当院では目の下のクマ・たるみ治療として傷跡が目立たない結膜脱脂法(裏ハムラ)による施術を行っています。下まぶたの裏側からアプローチして下垂した脂肪を除去し、凸凹のない滑らかな状態に改善します。
なお目の下のクマ・たるみ取り治療としては、手術(結末脱脂法・裏ハムラ)の他に、医療用HIFU(ウルトラフォーマーⅢ)やフォトナ社のインティマレーザーによるスマイルリフトアイといったマシンによる施術や、プロファイロ注射、スネコス注射、リジュランアイなど美肌再生治療によって改善することも可能です。いくつかの手法がありますが、最も即効性があり一度の施術で改善できる方法はやはり手術(結末脱脂法・裏ハムラ)となります。

二重整形・眼瞼下垂治療の比較

膣引き締めに関する婦人科形成術については、当院で行っているレーザー治療やヒアルロン酸注入の他、手術によって膣内を縮める治療や、HIFU(高密度焦点超音波)による照射治療もあります。少し前までは骨盤底筋トレーニングや低周波照射による治療が中心でしたが、昨今は治療技術の研究が進み、ダウンタイムを最小限に抑えつつ、より少ない回数で効果が出るような治療法が確立されつつあります。

目的 二重ラインの調整 まぶたのたるみ(皮膚)改善

二重ラインの調整
まぶたのたるみ(筋肉)改善

二重ラインの調整
適応の施術 二重整形(埋没法・切開法) ① 黒目整形(黒目法/二重整形)
② 大人二重法(二重整形)
①黒目整形(黒目法/二重整形+眼瞼下垂治療)
②大人黒目法(二重整形+眼瞼下垂治療)
イメージ
※二重ラインの調整

※皮膚のたるみを処置

※ゆるんだ筋肉とたるんだ皮膚を処置
特長
  • 二重埋没法/二重切開法の2種類あり
  • 埋没法は2点留め/3点留め、半年保証/3年保証の複数プランあり
二重埋没法を行う際に余った皮膚を糸でくくることで、黒目の見え方を大きくします。 切らない眼瞼下垂治療を行う際に、二重ラインも調整し、理想の二重ラインに仕上げます。
施術方法 埋没法:糸でまぶたを固定し二重ラインを調整します
切開法:二重ラインに沿って切開・縫合し二重ラインを調整します
糸によって余った皮膚をくくると同時に二重ラインを調整します 糸によってゆるんだ筋肉(挙筋腱膜とミュラー筋)を処置し、さらに二重ラインを調整します
施術時間 埋没法:10分程度
切開法:30分程度
※麻酔の塗布時間は除く
30分程度
※麻酔の塗布時間は除く
30分程度
※麻酔の塗布時間は除く
ダウンタイム 埋没法:赤み・腫れ・内出血などが数日~1週間程度 切開法:赤み・腫れ・内出血などが2週間程度。比較的大きな腫れは5日~1週間程度で改善します。 赤み・腫れ・内出血などが数日~1週間程度 埋没法:赤み・腫れ・内出血などが数日~1週間程度

二重整形・眼瞼下垂治療で多い
失敗例と失敗を防ぐ方法

数ある美容医療の中でも最も人気ともいえる二重整形術は、特にメスを使用しない埋没法の場合、術後のダウンタイムが1週間程度と短い上に価格がリーズナブルなこともあり、若い方も含めて幅広い年齢層の方が受けられている治療です。ただし手軽な分だけ気を付けていただきたいのが、術後のトラブルや失敗です。ここでは二重整形や眼瞼下垂治療における失敗例やトラブルをまとめます。

二重整形・眼瞼下垂治療で多い失敗例

失敗例:【デザイン】二重ラインがイメージと違うものになってしまった

「二重ラインの幅が広すぎた」「二重ラインに左右差ができた」「平行二重にならなかった」など、二重ラインの仕上がりに対するトラブルは多く存在します。二重埋没法の場合は、まぶたを止めている糸を除去して再度調整することで、比較的スムーズに二重ラインの改善を行うことができますが、二重切開法の場合は切開した部分は癒着しているためラインの調整が難しくなることが多いです。

失敗例:【違和感】まぶたの膨らみや違和感、赤み・傷跡が治らない

実は二重ライン(デザイン)の失敗以上に多いのが、「まぶたがポコッと膨らんでしまった」「まぶたの赤みが消えない」「まぶたにしこりがある」「まぶたの内側がなんとなく痛い」といった、術後の違和感に関するトラブルや失敗例です。とくに糸を使用する二重埋没法で施術を行った後にこのようなトラブルが起きることが多く、いずれも糸の処理が適切でなかったことによって、まぶたの表皮側もしくは結膜側に近い位置に糸の固定部分が来てしまい、膨らみ(患者様はよく「ポコッとしている」と表現されます)や赤み、違和感、眼球のゴロゴロした感じなどの術後のトラブルや失敗に繋ります。

失敗例:【やりすぎ】術後に目が開きすぎて、びっくりしたような目になった

これは眼瞼下垂治療を行った際に多くみられるトラブル・失敗例です。緩んだ皮膚や筋肉を必要以上に括り上げてしまい、術後にまぶたが上がりすぎて、黒目が縦に見えすぎてしまうことがあります。「できるだけ目元を大きくしたい」とご希望をおっしゃる患者様が多いですが、医師はどこまで目元を大きくすることができるかという点について、機能面を考慮した上で最適な調整を行う必要があります。

失敗例:【変化がない】まぶたのたるみが改善されなかった

眼瞼下垂治療においては、医師がたるみの原因を正しく判断できてないままに施術を行うと、必要な部位に適切な処置を行わないまま終了してしまうことがあり、術後の変化が乏しい、もしくはほぼ変化がない状態になってしまうことがあります。まぶたのたるみには皮膚のみのケースと筋肉(ミュラー筋、挙筋腱膜のいずれか、もしくは両方)などのいくつかのケースがあるため、事前の診察で的確な判断を行うことが必要になります。

二重整形・眼瞼下垂治療の失敗を防ぐ方法

二重整形や眼瞼下垂治療は多くのクリニックで行われており、またご友人やご兄弟など周囲の方で施術をすでに受けられているケースも多いため、どこのクリニックで施術をしても失敗することもないだろうと思われていらっしゃるかもしれませんが、実際にはそんなことはありません。多くのクリニックが実施している施術だからこそ、逆にトラブルや失敗のない仕上がりにしてくれる医師・クリニックを見極める必要があります。

① 的確な診断が行える医師を選ぶ

二重整形・眼瞼下垂治療の失敗やトラブルを防ぐために最も大切なのが、医師の技術力や経験則です。簡単な施術だから有名なところや価格が安いところでいいかな、と安易に選ばずに、カウンセリングや診察の際に症例写真を見せてもらったり、ご自身の目元の場合は実際にどの施術法が適しているのかなどをしっかり確認する必要があります。
見極める方法として、あくまで一例ではありますが、「二重をできるだけ広くしたい」「黒目をできるだけ大きく見えるようにしたい」と相談した際に、「はい、わかりました」とだけ言うドクターがいらした場合は、少し疑ってみた方が良いかもしれません。あくまで個人的見解ですのですべての医師に当てはまるということではありませんが、患者様のお話を伺っていると、このような場合に、術後に思っていた以上に二重ラインが広くなってしまったり、びっくりしたような見開いた目に仕上がってしまったというケースが多いように感じます。

② 施術経験・実績が豊富な医師・クリニックを選ぶ

上の内容と重複する部分もありますが、二重整形や眼瞼下垂治療における症例数が多いかどうかはやはり重要なポイントになります。単純に「二重を作る」「たるんだまぶたを改善する」といっても、患者様の皮膚の状態や脂肪量、筋肉(ミュラー筋や挙筋腱膜など)の状態によって、どのくらいの強さで糸を括るか、またどの部分に処置を行うかといった微細な手技の調整が必要になるからです。
診察やカウンセリングの際には、過去に行った二重整形や眼瞼下垂治療の症例写真を見せてもらい、ご自身の場合はどのケースに近いのかなども具体的に相談・確認してみるとよいかと思います。

③ 「適切なカウンセリング時間」と「適切な施術価格」

診察やカウンセリングが、流れ作業のようにあっという間に終わってしまったり、診察はパッと終わってしまったのに希望していない別の眼瞼下垂治療などを提案してくるといった際には、場合によってはセカンドオピニオンとして別のクリニックにも相談してみる方が良いかもしれません。もちろん、カウンセリングが長ければ長い方がよいということではありませんし、実際に診察をした結果として別の施術法が適しているといったケースももちろんあります。大切なのはそれらの提案が妥当かどうかという点で、きちんと一人ひとりの症状を医師が確認した上で、本当に適切な施術を選んでくれているかどうかを見極める必要があるでしょう。

二重整形・眼瞼下垂治療の費用

二重整形・眼瞼下垂治療の費用にかかる費用などの詳細は、以下料金ページをご確認ください。

二重整形・眼瞼下垂治療 料金ページ

二重整形・眼瞼下垂治療の
よくある質問

二重整形術や眼瞼下垂治療の効果はどれくらい続きますか?
二重切開法は、皮膚を切開して縫い留めることで二重ラインを形成する施術のため半永久的に効果が持続します。対して二重埋没法・切らない眼瞼下垂治療・黒目法・大人黒目法については、糸を使用した施術となるため、個人差はありますが、その効果は半年~数年程度のことが多いです。またごくまれですが、埋没法の場合は糸がとれしまい二重のラインが元に戻ってしまうこともあります。埋没法による二重整形・眼瞼下垂治療はダウンタイムが短く手軽ではありますが、その分効果の面が切開法よりも短い点はご理解いただければと思います。
二重整形や眼瞼下垂の施術は、片目だけでも受けられますか?
片目だけでも施術をお受けいただけます。まぶたについては、片方のまぶただけ一重まぶたになっていたり、たるみが生じているケースもあります。また両目とも二重まぶたであってもラインに左右差が生じていることもあるため、どちらか片方だけの施術でもお気軽にご相談ください。
年齢とともにまぶたのたるみが目立つようになりました。どの施術を受ければ良いですか?
まぶたのたるみの症状については、皮膚がたるんでいるのか、まぶたを開閉する筋肉(挙筋腱膜やミュラー筋)がゆるんでしまっているのかを医師が事前に診察でしっかりと判断した上で具体的な施術をご提案させていただいております。原因にあった処置を行わないと術後すぐに元に戻ってしまったり、不要な筋肉にまで処置をすることで目元が必要以上に大きく開きすぎてしまう他、目を完全に閉じることができなくなり、目をつぶっても白目が見えてしまうといったトラブルにもなりかねないので、まずは診察にて医師がきちんと判断させていただいております。
施術費用について、分割払いや医療ローンでも支払い可能ですか?
当院では、現金・クレジットカード・デビットカード・電子マネー・医療ローンでのお支払いが可能です。医療ローンは最大60回までの分割が可能となります。事前に所定の書類への記入が必要なため、ご希望の方はご予約時にスタッフまでお申し出ください。
※お支払い方法に関する詳細はこちらもご覧ください。