↑

PTOSIS眼瞼下垂

  • 瞼のたるみ
  • 東京銀座
  • 東京麻布十番
  • 大阪四ツ橋
  • 奈良学園前

垂れ下がったまぶたを改善する眼瞼下垂治療
術式は、メスを使用する手術/使用しない手術から選べます

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、上まぶたが重力によって下がってしまった症状のことを言います。眼瞼下垂が進行すると、黒目にまぶたがかぶさるため視界が狭くなり、日常生活にも支障が出てきます。加齢によって垂れ下がってくることが多いですが、日頃からパソコンやスマホなどを長時間使用して目を酷使しているような場合も、年齢にかかわらず眼瞼下垂の症状が見られることがあります。
眼瞼下垂の治療には2つの方法があります。一つ目はメスを使用しない「切らない」術式です。切らない眼瞼下垂の治療法では、まぶたに糸を通すことでまぶたを引き上げる力(開眼力)をサポートします。この方法は眼瞼下垂の症状が比較的軽い場合に行われ、ダウンタイムが短い点が特長です。この治療法を埋没法と呼びます。
二つ目はまぶたを切開する方法です。この治療法を切開法と呼びます。切開法による眼瞼下垂手術では、上まぶたを切開して目を開ける筋肉を操作することで、まぶたを引き上げる力をサポートします。個人差はあるものの、長期間の効果を見込めるため、重度の眼瞼下垂にお悩みの患者様にもおすすめです。切開を伴うためダウンタイムが約2週間になります。
どちらの施術がご自身の眼瞼下垂の状態に適しているかは、まぶたの状態やご希望などによっても異なります。そのため、カウンセリングの際に医師が状態を確認し、さらにご希望などをお伺いした上で、適切な施術法を決定していきます。眼瞼下垂の手術では、同時に二重ラインの形成も行うことができるため、希望のラインがある際にはそのデザインも行います。

こんなお悩みにFOR SUCH TROUBLES

  • 上まぶたが重たく感じる
  • 視界が狭くなってきた
  • 上まぶたを持ち上げる力が弱くなった
  • 上まぶたが垂れてきた
  • ものを見るときに睨むような癖がある
  • 垂れたまぶたを改善して綺麗な二重を形成したい

眼瞼下垂の施術

患者様に合わせた2種類の治療方法

当クリニックの眼瞼下垂術では、埋没法と切開法の2種類の方法をご用意しております。まぶたの状態や、ダウンタイムの有無、さらになりたいイメージなどによって、適した方法をご提案させていただきます。

1埋没法
まぶたの裏側から糸を通して結び目を作って留めます。糸を通すことでまぶたを引き上げる力をサポートし、眼瞼下垂の症状を緩和させる効果が見込まれます。糸を留める箇所は1箇所もしくは2箇所で、まぶたの開き具合などによって判断します。埋没法による眼瞼下垂術はダウンタイムが短い点が特長です。
埋没法は糸で留めている状態のため、目をこする癖がある場合などは糸が次第に緩んでいき、術後に糸が取れてしまう可能性もあります。またまぶたの脂肪が多い場合は、埋没法では効果が見られないこともあります。
2切開法
まぶたを切開して目を開ける筋肉を操作する眼瞼下垂術です。切開を伴うため長期間の効果が見込まれます。ダウンタイムは埋没法よりも長く約2週間程度です。また術後は抜糸の必要があります。

どちらの術式が適しているかは眼瞼下垂の状態によっても異なります。カウンセリングの際に患者様のまぶたの状態を拝見し、決定していきます。まずは一度、お気軽にご相談ください。

幅広・末広など
二重ラインのデザインも選択可能

当クリニックの眼瞼下垂術は、仕上がりのデザインにもこだわっています。眼瞼下垂の治療は眼科にて保険適用で受けることができますが、あくまでも眼瞼下垂の治療のみを行うため、患者様の理想的な二重ラインの形成などはできない可能性があります。当クリニックの眼瞼下垂術は自由診療のため、美的観点からも治療を行います。眼瞼下垂の治療とあわせて患者様のご希望の二重ラインの形成にも注力しております。

痛みを抑えた手術

当クリニックの眼瞼下垂術では、できるだけ痛みを抑えるための工夫も行っています。施術前には点眼薬での麻酔と注射での麻酔を併用します。注射では髪の毛よりも細い注射針を使用するので、麻酔針を刺すことによる痛みもできるだけ抑えることができます。また、十分に麻酔が効いていることを確認した上で施術を行うため施術中の痛みはほとんどありません。

施術の流れFROW

当日ご来院いただき、メイクをされている場合はメイクオフをお願いしています。
コンタクトを使用されている方には、手術前に外していただいております。
その後手術前にお写真を撮影させていただき、手術のご準備に入ってまいります。

STEP1
カウンセリングを行います。患者様のまぶたの状態を拝見し、ご希望の二重ラインなどをお伺いした上で、施術方法やデザインを決定していきます。
STEP2
点眼薬で表面麻酔を行います。その後、お顔全体を消毒し清潔を保つためにお顔を布で覆います。
STEP3
注射でまぶたの表と裏に麻酔を行います。注射針は髪の毛より細いものを使用しますので痛みを抑えることができます。
STEP4 手術終了後

<埋没法>
埋没法の場合は、針付きの糸で二重ラインを形成していきます。1点もしくは2点留めたあと、糸を短く切り施術完了です。

<切開法>
切開法の場合は、患者様のご希望の二重ラインに沿って切開してまぶたを開ける筋肉を操作した後に糸で縫います。手術中に二重ラインの確認を行うことも可能です。その際は目を開けていただき、二重幅の開き具合などを調整します。

STEP5
お顔を綺麗に消毒し、15〜20分程度、目の上を冷やします。
STEP6
アフターケアや術後の経過についてご説明いたします。また、内服薬をお渡ししますので、指示通りに服用してください。

リスク・副作用Risks and Side Effects

眼瞼下垂のリスク・副作用には、個人差はありますが、目がかすんだり、目がゴロゴロしたりする場合があります。術後の経過とともに落ち着いていきますので、ご安心ください。

ダウンタイム・術後
についてAftercare

眼瞼下垂の治療後は、埋没法も切開法も腫れが生じます。個人差はありますが、大きな腫れは、埋没法では3~4日程度、切開法は10日程度続くことが多いです。気になる際には外出の際にサングラスや縁が太いメガネを使用するなどで目元を隠していただく方が良いでしょう。腫れは術後の経過とともに落ち着きますが、二重ラインが落ち着くまでには1ヶ月程度かかります。それまでは目元にできるだけ刺激を与えないように注意をしてください。

料金表PRICE

コース 料金(税抜き)処置の目安・備考
切らない眼瞼下垂1ヵ所とめ(片側)¥80,000眼のひらきをよくします
2ヵ所とめ(両側)¥150,000
1ヵ所とめ(片側)¥115,000
2ヵ所とめ(両側)¥210,000
黒目法(両側)¥280,000二重幅の調整も行う
切らない眼瞼下垂術
コース料金(税抜き)処置の目安・備考
眼瞼下垂手術片側¥180,000切開にて眼を開ける筋肉を短縮する方法
両側¥360,000

Q & ACONSULTATION

眼瞼下垂の施術時間を教えてください。
眼瞼下垂の施術時間には、個人差はありますが、埋没法の場合は30分程度、切開法の場合は1時間程度のことがほとんどです。カウンセリングやアフターケアなども含めますと、もう少しお時間を頂戴します。そのため、お時間に余裕を持ってご来院いただくようにお願いしております。
眼瞼下垂は抜糸が必要ですか?
眼瞼下垂の術式によります。埋没法では抜糸が不要で、切開法の場合は抜糸が必要です。基本的には施術の1週間後に抜糸を行っています。
眼瞼下垂の施術後に気をつけることはありますか?
眼瞼下垂の施術後は、内出血や腫れがひどくなることを防ぐために、熱いお風呂での入浴や、運動、飲酒などは避けた方が良いでしょう。シャワーや洗顔は施術当日から可能です。施術当日は、目元を保冷剤などで冷やしていただくと、ダウンタイムを短くすることが期待できます。
施術における注意点

眼瞼下垂の治療を受けられる場合は、術後に張れが生じるため治療当日はサングラスやメガネなどをご持参ください。切開法の場合は、糸がついている状態のままお帰りいただくことになります。そのため目元を隠せるものをご持参いただくと良いでしょう。

他施術との違いDIFFERENCE

当クリニックの眼瞼下垂では、埋没法と切開法をご用意しております。眼科などでも、この2つの方法で眼瞼下垂を治療することが多いですが、自由診療による眼瞼下垂治療を行っている当クリニックでは、二重ラインのデザインにもこだわっております。同じ眼瞼下垂の治療でも、施術後のデザインに対してご満足いただけることが多いです。