↑

V beamV ビーム

  • 赤アザ
  • 赤ら顔
  • 血管腫
  • 美肌
  • はもり皮フ科

赤アザ・赤ら顔の治療には
「Vビーム」
小じわ改善、肌ツヤ・ハリ感アップも期待できます。

image

黒色のメラニンに反応する一般的なレーザーとは異なり、Vビームレーザーは赤色の色素に反応するのが特長的なレーザーです。そのため血液中のヘモグロビン(赤血球)に反応し、赤アザや赤ら顔の治療に効果が期待できます。また、Vビームはパルス幅を変えられるため、肌の弾力やハリ・ツヤに大きく関わる線維芽細胞を活性化させ、コラーゲンの生成を促進する効果も見込まれます。赤アザや赤ら顔の治療とあわせて、小じわの改善やお肌のハリ・ツヤのアップなどの美肌効果も期待することが可能です。
Vビームの波長595nmのレーザー光は、表皮と真皮を透過して血液中の酸化ヘモグロビンに吸収されますが、周囲の正常な細胞を傷つけることはほぼありません。またレーザー照射時には冷却ガスを噴射するため、個人差はありますが、お肌への負担や痛みを軽減して照射を行うことができます。

こんなお悩みにFOR SUCH TROUBLES

  • 赤アザなどの赤い色素沈着が気になる
  • 赤ら顔を治したい
  • 生後間もない赤ちゃんに血管腫がある
  • 老人性血管腫や静脈瘤に悩んでいる
  • お肌のハリやツヤをアップさせたい
  • 小じわを改善させたい

Vビームの施術

赤色に吸収されるレーザー光

Vビームは波長595nmのレーザー光です。この波長のレーザーは、赤い色に吸収される特徴を持ち、血液中のヘモグロビンに反応します。赤アザや赤ら顔の原因は、血液に含まれるヘモグロビンの色素であり、皮膚の浅い層に血管があったり部分的に血管の量が多かったりするとその部位で血流が増加し、皮膚に赤みが生じたような状態になります。Vビームのレーザー光は、血管中のヘモグロビンに吸収されることで余剰な血管や色素を除去し、赤アザ・赤ら顔・赤く炎症したニキビ・ニキビ跡など、あらゆる赤みを伴う皮膚の病変に対して、効果が期待できます。

パルス幅を変更することで
あらゆるお肌のトラブルに対応

Vビームは赤アザや赤ら顔の治療だけでなく、パルス幅を変更することによって様々な肌トラブルにも効果を期待することができます。くすみや小じわなどの改善や、コラーゲンの生成を促進することにより、お肌のハリやツヤへの効果も見込まれます。

冷却ガスの噴射で
痛みや肌への負担を抑えた施術

Vビームの照射時には、特殊な冷却ガスを同時に噴射します。この冷却ガスがお肌を保護するため、個人差はありますが、照射の際には痛みをほぼ感じることがなく、また施術後の赤みや腫れなどのダウンタイムも最小限に抑えることができます。

施術部位OPERATION SITE

施術部位

施術の流れFROW

STEP1
診断・カウンセリングをお受けいただき、ご希望にあった施術方法を決めていきます。
STEP2
お顔に施術される場合、メイクをされている患者様は、クレンジングと洗顔をしていただきます。
STEP3
テスト照射をします。
STEP4
照射箇所を冷却します。
STEP5
照射箇所に軟膏を塗布します。
STEP6
施術完了。
当日のメイク・洗顔・入浴は避けてください。

リスク・副作用Risks and Side Effects

Vビームのリスク・副作用には、個人差はありますが施術直後は肌に赤みが出る場合があります。ほとんどの場合、数時間で赤みは落ち着きます。ごく稀に、照射後に紫斑や水ぶくれが出現する可能性がありますが、1〜2週間で症状が改善することがほとんどです。医療レーザー治療となるため、ほとんどありませんが、やけどのリスクがあります。当クリニックでは、できるだけこのようなリスクや副作用が起こらないように施術を行いますが、万が一、ご不安な点やご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

ダウンタイム・術後
についてAftercare

Vビームのダウンタイムには、個人差はありますが、1週間程度内出血などが出る可能性があります。またほとんどの場合、照射時の傷跡などは残りません。なお施術後は紫外線対策をしっかりと行い、施術当日のメイク・洗顔・入浴はお控えください。

施術例EXAMPLE

単純性血管腫

施術前

施術前

施術後

施術後

毛細血管拡張症(赤ら顔)

施術前

施術前

施術後

施術後

単純性血管腫

施術前

施術前

施術後

施術後

毛細血管拡張症(赤ら顔)

施術前

施術前

施術後

施術後

下肢静脈瘤

施術前

施術前

施術後

施術後

シワ(目尻)

施術前

施術前

施術後

施術後

料金表PRICE

コース 料金(税抜き)
お顔1回¥30,000

Q & ACONSULTATION

Vビームの施術中は痛みを感じますか?
Vビームは、肌へのダメージや痛みを抑えるために、冷却ガスで皮膚表面を冷やしながらレーザー光を照射します。そのため、個人差はありますが、輪ゴムでパチンとはじかれる程度の痛みとなります。麻酔なしでお受けいただける程度の痛みですが、どうしても痛みに不安がある患者様は、麻酔をご使用いただくことも可能です。
Vビームに健康保険や乳幼児医療費助成は使えますか?
Vビームは施術内容によって、健康保険や乳幼児医療費助成が使えます。 健康保険:単純性血管腫、苺状血管腫、毛細血管拡張症(赤ら顔)の治療 乳幼児医療費助成:乳幼児の血管腫の治療 ただし、治療の間隔は3ヶ月以上開ける必要があります。なお、治療回数に制限はありません。詳しくはカウンセリングの際にご相談ください。
Vビームで健康保険が適用される場合治療費はいくらくらいですか?
Vビームで健康保険が適用される場合、10㎠までの大きさの範囲で約6,500円(3割自己負担の場合)となります。180㎠が保険適用で治療が可能な最大の大きさとなり、大きさによって費用が異なります。詳しくはカウンセリングの際にご相談ください。
Vビームは何回くらい施術を受ければ効果が出ますか?
Vビームの施術回数は、お肌の悩みや症状によって異なりますが、3週間に一度、3回程度施術をお受けいただくのがおすすめです。ただし、赤ら顔やニキビ跡の治療に関しましては、平均よりも施術回数が必要になる場合がございます。また保険適用の治療の場合は、3ヶ月に一度の施術となります。
Vビームにダウンタイムはありますか?
Vビームのダウンタイムには、個人差はありますが、内出血などが1週間程度起こる場合があります。ただし、傷跡が残ることはほとんどありません。
Vビームの施術後、気をつけることはありますか?
Vビームの施術後は、抗炎症作用のある専用のパックを用意しています。施術当日のメイク・洗顔・入浴はお控えいただき、紫外線対策をしっかりと行うようにしてください。
Vビームと組み合わせて受けることのできる施術はありますか?
より高い効果や改善を求められる患者様には、Vビームの施術と組み合わせてヒーライト、イオン導入、エレクトロポレーションなどをおすすめする場合もあります。患者様のお肌の状態を拝見させていただき、ご希望などもお伺いした上でカウンセリングの際にご提案をさせていただきます。
Vビームは妊娠中でも受けられますか?
Vビームは、妊娠中や妊娠の可能性のある患者様にはお受けいただけません。
施術における注意点

Vビームは、施術直後お肌に赤みが出る場合があります。また施術後にごく稀に紫斑や水ぶくれが生じる可能性がありますが、術後の経過とともに落ち着いていきます。また乳幼児に見られる血管腫の中で隆起してくるタイプのものは、できるだけ早く治療を始めることをおすすめします。生後間もない時期からでも保険治療をお受けいただける場合がほとんどですので、気になる際には当クリニックまでお問い合わせください。

他施術との違いDIFFERENCE

Vビームは他の医療レーザー治療と異なり、赤色に反応します。そのため、赤アザや赤ら顔などのお肌のトラブルに対応することができるのです。また、単純性血管腫、苺状血管腫、毛細血管拡張症(赤ら顔)に関しては、保険が適用される場合もあります。他の医療レーザー治療機器で、赤アザや赤ら顔に対し効果を感じられなかった患者様にも、お受けいただける施術となります。