↑

ULFINI LIFTウルフィニリフト

  • 小顔
  • リフトアップ
  • しわ・たるみ

超音波(HIFU)と高周波(RF)のダブル照射で
真皮層、SMAS層、皮下組織すべてを
広範囲且つ強力に リフトアップ×タイトニング

当院オリジナルのウルフィニリフトは、超音波(HIFU)マシンの「ウルトラフォーマーⅢ」と高周波(RF)マシン「インフィニハイブリット」を組み合わせたリフトアップ・たるみ改善治療です。それぞれのマシンの特性を生かし、皮膚の深層から浅層(SMAS層~皮下組織~真皮層)にまで広範囲に十分な熱エネルギーを加えることで、コラーゲン産生を強力に促進しリフトアップ・引き締め効果を得ることができます。それぞれ1台でもリフトアップ、引き締め効果を実感することができますが、これらを組み合わせることによってよりトータル的なエイジングケア治療を行うことができます。なお、いずれのマシンも表皮層にはエネルギーの影響が生じないため、ダウンタイムがほぼない点も特徴です。

こんなお悩みにFOR SUCH TROUBLES

  • 頬、輪郭のたるみが気になる
  • ほうれい線、マリオネットラインが気になる
  • たるみを一度でしっかりと引き締めたい
  • 小じわ、毛穴の開きも一緒に改善したい
  • より効果を実感しやすい施術に興味がある
  • ダウンタイムが少ない治療を探している
  • 目元のくぼみ・たるみが気になる

ウルフィニリフトの施術

超音波(HIFU)と高周波(RF)による引き上げ×引き締め治療

image

ウルフィニリフトは、超音波(HIFU)マシンの「ウルトラフォーマーⅢ」と高周波(RF)マシン「インフィニハイブリット」を組み合わせたリフトアップ×タイトニング治療です。それぞれのマシン単体でも、しわ・たるみ治療において人気のマシンですが、2つの異なる熱エネルギーを照射することで、SMAS層、皮下組織、真皮層といった皮膚の各層へ対して広範囲にコラーゲン産生を促進することが可能です。これによって、1台のマシンだけでは実感できない、強固な引き上げ(リフトアップ)・引き締め(タイトニング)効果を期待することができます。

ダブル照射で広範囲×強力にコラーゲン産生を促進

たるみが生じる原因

image

たるみは、お顔の筋肉や脂肪を支えている靭帯などの組織が衰え、重力に逆らえなくなり下垂することによって生じます。このような下垂を防ぎ、肌のハリや弾力、柔軟性を保ためにはコラーゲンやエラスチンなどの線維成分が必要不可欠になるのですが、これらの成分は加齢に伴い次第に減少してしまいます。 また、皮膚は表皮層・真皮層・皮下組織・脂肪組織・SMAS層(筋層)などが地層のように重なることで構成されていますが、この中でも真皮層、皮下組織、脂肪層、SMAS層の弾力低下(ゆるみ)が、たるみやしわに大きく関係しています。

ウルフィニリフトによる引き上げ×引き締めの作用機序

ウルフィニリフトは、2種のマシン(超音波+高周波)による熱エネルギーをたるみが気になる箇所に強力に照射することで、真皮層、皮下組織、SMAS層全体を引き締める(タイトニング効果)とともに、加齢によって失われていくコラーゲン産生を促進し皮膚を引き上げる引き上げる(リフトアップ効果)2つの作用が期待できます。

超音波(HIFU)マシン「ウルトラフォーマーⅢ」

高密度焦点式超音波(HIFU:ハイフ)による照射マシン「ウルトラフォーマーⅢ」は、他のレーザーでは届かない皮膚深層にあるSMAS層(筋膜層)や脂肪層の引き上げ(リフトアップ)効果が期待できるマシンです。
ウルトラフォーマーⅢには、「特定の層を狙い撃ち」することができるという特徴があります。付属のカートリッジ(2.0mm、3.0mm、4.5mm、6.0m)を付け替えることで、「たるみの原因となる部位」に「ピンポイントで」熱エネルギーを届けることで、真皮層、皮下組織、SAMS層といった各層をピンポイントで引き上げます。

ウルトラフォーマーⅢの照射イメージウルトラフォーマーⅢの照射イメージ
高周波(RF)マシン「インフィニハイブリット」

高周波(RF)マシン「インフィニハイブリット」は、表皮面へのダメージを最小限に抑えながら真皮層へRFエネルギーを届けることが可能なレーザーです。真皮層のたるみを集中的に引き締めると同時にコラーゲン産生を促進し、肌の弾力をアップさせる効果が期待できます。今までのRFレーザーと異なり、表皮層にダメージを与えることなく真皮層のみに作用することで、効率的かつ強力にコラーゲン産生を促進します。

インフィニハイブリットの照射イメージ

ウルフィニリフトは、ウルトラフォーマーⅢとインフィニハイブリットの2つのマシン(超音波・高周波)を組み合わせて照射を行うことで、たるみの原因となるSMAS層(筋膜層)、脂肪層、真皮層それぞれ強力に熱エネルギーを届けて引き上げ・引き締めを行う、当院オリジナルのしわ・たるみ治療です。リフトアップ・たるみ改善効果の他、肌のハリ・ツヤ感アップといった美肌効果も期待できます。

ウルフィニリフトの照射イメージ

術直後からリフトアップ・タイトニング効果を実感

2つのマシン(超音波・高周波)を使用したウルフィニリフトによるたるみ引き上げ・引き締め治療は、術直後から効果を実感することができます。照射直後は、熱エネルギーによってコラーゲンが収縮するため物理的にリフトアップ・タイトニング効果を得ることができ、その後は時間をかけて肌細胞のコラーゲン産生がゆっくりと促進されていくため、3~6か月程度のリフトアップ・タイトニング効果が期待できます。また定期的に繰り返し照射を行うことで、より効果をしっかりと実感できるようになります。

効果が大きいのにダウンタイムが少ない

ウルフィニリフトで使用する2つのマシン(ウルトラフォーマーⅢ・インフィニハイブリット)は、いずれも表皮層へのダメージを最小限に抑えながら肌深層の狙ったターゲットのみに熱エネルギーを届けることができるマシンです。そのため術後にかさぶたがや出血などが生じることはありません。肌質や照射レベルなどによっては、術直後に多少赤みや腫れが生じることもありますが、多くの場合、翌日までに改善します。

施術部位OPERATION SITE

施術部位

施術の流れFROW

STEP1
診断・カウンセリングを行ない、ウルフィニリフトによる施術が適しているか医師が判断します。
STEP2
お顔に施術される場合、メイクをされているお客様はクレンジングと洗顔をしていただきます。
STEP3
施術部位にジェルを塗布します。
STEP4
ウルトラフォーマー3を照射します。
STEP5
ジェルをふき取ります。
STEP6
インフィニハイブリットを照射します。
STEP7
施術終了です。

リスク・副作用Risks and Side Effects

ウルフィニリフトには個人差はありますが、目立った副作用はほとんどありません。肌質によっては赤み・腫れ・かゆみなどが生じる可能性があります。

ダウンタイム・術後
についてAftercare

ウルフィニリフトには個人差はありますが、ダウンタイムはほぼありません。照射の強さや肌質などによっては赤みや腫れが生じることがありますが、翌日にはほぼ改善します。

料金表PRICE

コース料金
目元1回¥29,700
5回¥129,800
頬・ほうれい線1回¥39,600
5回¥181,500
フェイスライン1回¥39,600
5回¥181,500
3部位セット
(目元・頬ほうれい線・フェイスライン)
1回¥66,000
5回¥286,000

Q & ACONSULTATION

ウルフィニリフトは施術中に痛みを感じますか?
ウルフィニリフトによる施術は痛みが少ないため基本的に麻酔などは使用しません。痛みを感じるほどではありませんが、照射時の感覚としては、ウルトラフォーマーⅢ照射時は肌の奥に軽い鈍痛が響くような感覚が、またインフィニハイブリット照射時には肌表面にチクチクするような刺激が生じますが、いずれも麻酔をせずに我慢できる程度です。
ウルフィニリフトの施術時間はどれくらいですか?
ウルトラフォーマーⅢとインフィニハイブリッドの2台のレーザーを照射するウルフィニリフトは、ジェル塗布の時間などもあわせますと1時間程度の施術時間となります。その他、カウンセリングや麻酔を塗布・浸透させる時間を入れると1時間~1時間半程度となります。
ウルフィニリフトの施術頻度と回数はどれくらいですか?
ウルフィニリフトは一度でも引き上げ・引き締め効果を実感できることが多い施術ですが、より長く効果を持続するためには半年から1年に一度のペースで3~4回程度繰り返し照射を行うことをおすすめいたします。
術後に注意すべき点があれば教えてください
ウルフィニリフトの施術後は、紫外線対策や保湿をしっかりと行ってください。洗顔は優しく泡を立てて行い、治療部位をこすったり触ったりしないよう注意が必要です。また施術後はスクラブなどの刺激成分のご使用はお控えください。グリコール酸・レチノール・ハイドロキノン・トレチノインなどの、機能性のある化粧品のご使用も控えるようにしてください。
施術における注意点

以下の方はウルフィニリフトの施術をお受けいただくことが出来ません。あらかじめご了承ください。

  • ペースメーカー・植込み型徐細動器をお使いの方
  • シリコン・金属系(金属プレート)等を埋め込んでいる方
  • 糖尿病、心臓疾患、発熱、感染、治療部位に感染症や重度の皮膚疾患、ケロイド体質の方
  • 妊娠中、または妊娠の可能性のある方

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。
個人輸入において注意すべき医薬品等についてはこちらのサイトもご参照ください。