↑

N-FIXエヌフィックス

  • お顔のシワ・たるみ
  • スレッドリフト
  • BEAUTY CLINIC the GINZA
  • The Natural Beauty Clinic
image

従来のスレッドよりも太く、
強いリフトアップ効果が期待できる
溶ける糸「N-FIX」

N-FIXは従来のスレッド・糸リフトであるN-COG(ニュートンコグ・エヌコグ)などと比べて、より太い糸を使用することで、強いリフトアップ効果を実現することができる施術方法です。N-COGでは、コグと呼ばれるジグザグとした突起によって皮下組織をキャッチして引き上げます。
一方、N-FIXはマイクロパンチングメソッド(Micro Punching method)と呼ばれる技術を用いて、糸を台形状にパンチカットすることで、太い糸を保持しつつ、効果的に引っかかる箇所を形成することに成功しています。これにより、N-COGよりも強力な引き上げ・引き締め効果を期待することができるのです。

こんなお悩みにFOR SUCH TROUBLES

  • リフトアップ効果の高いスレッドリフト・糸リフトの施術を受けたい
  • ヒアルロン酸注射などではたるみ解消の効果が実感できない
  • 手術はしたくないけれど切らないフェイスリフトならば受けてみたい
  • フェイスラインのたるみ改善の効果を長期的に持続させたい
  • ダウンタイムがなるべく少ない安全なリフトアップがしたい

「マイクロパンチングスレッド」という新概念をもたらした「N-FIX」の魅力

従来のスレッドリフト・糸リフトで用いるN-COGと呼ばれる糸は、コグと呼ばれるジグザグの突起が付いているため、糸は細くなっており、しなやかで柔軟性が高いというメリットがある反面、皮膚を引っ張り上げる力は14.1N(単位:ニュートン、張力)程度とあまり強くないのがデメリットでした。
その点、N-FIXはマイクロパンチングメソッド(Micro Punching method)によって引っかかり部位を作り出したマイクロパンチングスレッドであるため、19G(内径約0.7mm)のカキューレ(挿入時の管)に最大0.59mmの糸を挿入することができるようになりました。
これにより、N-FIXではより太くて丈夫な糸を挿入することが可能となり、皮膚を引っ張り上げる力も34.5N(単位:ニュートン、張力)と、N-COGの2倍以上のパワフルなリフトアップができます。

N-COGの2倍以上のパワフルなリフトアップ
image

コグ(突起)ではなくパンチングによって引っかかり部分を生み出す

動きにくいこめかみ部分からしっかり引き上げ、少ない本数で効果を実感

前出のとおり、N-FIXはN-COGと比べて高い牽引力を発揮してくれるので、従来のスレッドリフト・糸リフトで用いるN-COGよりも少ない本数でより強力な引き上げ効果をもたらしてくれます。
また図のとおり、N-COGでは頬の上方向から口元へ向けた下方向に糸を挿入するのに対し、N-FIXではこめかみ辺りの下方向から頭皮へ向けた上方向に糸を挿入します。これにより、動きにくいフェイスラインをより強力にキャッチして引っ張り上げるため、施術の直後から高いリフトアップ効果を実感することができます。

溶ける糸を使用しているから、強いリフトアップ効果を安心して得られる

N-FIXは、N-COGと同じく、体内で吸収される溶ける成分であるPDO(Polydioxanone:ポリジオキサノン)を素材としています。この素材は、「PDS®縫合糸」と呼ばれる抜糸不要の縫合糸の素材としても、医療の現場で広く用いられているものです。N-FIXでは、このような溶ける糸を使用していることもあり、術後に違和感や異物感が残りにくく、安心して効果の高いリフトアップ効果をもたらす施術をお受けいただくことができます。そのため、体内に残る糸を使ったリフトアップは不安だという患者様にもおすすめです。

「ヴィーナスフリーズ」などの、治療機器との併用でアフターケアも可能

当院では、N-FIXの施術とともに、「ヴィーナスフリーズ」のような治療機器との併用によって、より高い効果が得られるたるみ改善をご提案しております。「ヴィーナスフリーズ」とは、PMF(パルス磁場)とマルチポーラ式のRF(交流波)によって、お顔や首などのフェイスラインのたるみを解消する医療痩身機です。このような施術をアフターケアとして併用することにより、効率的なリフトアップを実施することが可能となります。

施術部位OPERATION SITE

施術部位

施術の流れFROW

STEP1
診察・カウンセリングをして、ご希望にあった施術方法を決めていきます。
STEP2
クリーム麻酔を塗布し、表面麻酔を行います。
STEP3
表面麻酔の効果を確認した後、局所麻酔を行います。
(注射のため、少し痛みあり)
STEP4
表面麻酔・局所麻酔の効果を確認した後、スレッド処置を行っていきます。
STEP5
完了。施術後の経過観察の通院は不要で、施術後は当日にメイクも可能です。

リスク・副作用Risks and Side Effects

N-FIXの術後のリスク・副作用としては、ごく稀に痛みや熱感が継続的に残る例が挙げられます。この場合は、炎症や感染症などの可能性がありますので、医師まで速やかにご相談くださいませ。
また、術後にお肌の凸凹感、つっぱり感、色素沈着、左右の形状の差などが見られる場合もありますが、N-FIXは溶ける安全な糸を使用していることもあり、時間が経つごとに馴染んでいきます。
その他、施術では麻酔を使用しますので、術後2時間程度は施術部位の感覚が鈍くなることがあります。

アフターケアAftercare

N-FIXの術後のダウンタイムは、痛み・腫れ・むくみ・内出血などの症状がみられます。
ただし、これらは術後1〜2週間程度で落ち着いていきますので過度の心配は必要ありません。
術後には糸を挿入した部位に小さな針跡が残りますが、目立つようなものではなく、傷跡も時間の経過とともに消えていきます。

施術例EXAMPLE

フェイスラインから側頭部

N-FIX 8本使用

施術前

施術前

施術後

3回目施術後

フェイスラインを整えるために側頭部に向かって片側にN-FIXを4本、両側に合計8本挿入した症例です。
口元やマリオネットラインのたるみが改善し、4本ですがリフトアップ効果が顕著なのがわかります。側頭筋膜に対するタイトニングが図られることで長期のリフトアップ効果とたるみにくくなる効果を同時に促すことができます。

中顔面からフェイスライン全体

N-FIX8本/NCOGスパイラル6本/スキャフォールド6本
YKO5本/おでこのヒアルロン酸併用

施術前

施術前

施術後

3回目施術後

ほうれい線や鼻周囲、目元のたるみを改善するためにまずはNFIXを頭側に入れることで引き上げを図りました。全体のリフトアップ効果を維持するため、中顔面のボリュームアップと垂直方向のたるみの改善を図るためNCOGスパイラル、タイトニングをうながすためにスキャフォールドを併用しております。鼻とおでこにたいしてもYKOやヒアルロン酸で処置しているので全体の自然な改善が図られていると思います。

料金表PRICE

コース料金(税抜き)処置の目安・備考
N-FIX(Nフィックス)1本¥45,000顔全体のリフトアップに最適
目安:顔全体 4本~

Q & ACONSULTATION

N-FIXの施術を受ける際に、痛みはありませんか?
当院では、痛みに弱い患者様でも安心して施術をお受けいただけるように、表面麻酔+局所麻酔を行なっております。もしも不安のある方は、カウンセリング時にお申し付けください。
N-FIXの糸はどれくらいで体内に吸収されますか?
糸の吸収期間は6〜8ヶ月程度となっています。糸が吸収された跡も、創傷治癒反応によって糸の周りにコラーゲンが生成され、お肌にツヤ・ハリをもたらします。
N-FIXの効果はどれくらい持続しますか?
N-FIXは、頭部の筋膜にスレッドを作用させることで、長期にわたり皮膚をたるみにくくする治療です。そのため、半年に1度くらいの処置を定期的にしていくことで、高いリフトアップ効果を持続することができます。