↑

LABIA MINORA REDUCTION小陰唇縮小術

  • 小陰唇が大きい
  • 小陰唇の黒ずみ

形や左右差、黒ずみの悩みを解消
女医による、デザインにもこだわった小陰唇縮小術

小陰唇(しょういんしん)縮小術は、数ある婦人科形成の中でも特にご相談が多い施術のひとつです。小陰唇に関するお悩みは形、黒ずみ、左右差など患者様によって様々であることが多いため、当院では事前に女性医師が丁寧にカウンセリングを行っています。
小陰唇とは、大陰唇(女性器の外側のふくらんだ部分)の内側にあるヒダのような部分を言い、尿道口や膣口を保護する役割があります。一般的にビラビラと呼ばれることもあります。小陰唇の大きさや黒ずみの程度には個人差がありますが、気になる際には小陰唇縮小術によって、大きさを整えたり、黒ずみを解消することが可能です。

小陰唇の大きさに正解はありませんが、一般的には足を閉じた状態で少しだけ見える程度であれば、正常な大きさの範囲内と言えます。しかし、小陰唇が大陰唇から大きくはみ出していたり、下着などに擦れて痛かったりする場合には、小陰唇肥大の可能性があります。また小陰唇が大きいと、大陰唇との間に恥垢が溜まりやすくなりニオイが生じる原因にもなります。小陰唇縮小術では、小陰唇の余ったヒダ部分を切除・縫合することで、肥大した小陰唇を小さくしたり黒ずみを除去することが可能です。見た目はもちろん、下着に擦れて痛いというようなお悩みを改善します。

こんなお悩みにFOR SUCH TROUBLES

  • 小陰唇が大きい
  • 小陰唇が下着と擦れて痛みがある
  • パートナーにビラビラが大きいと指摘された
  • 陰核(クリトリス)の包皮切除と小陰唇縮小を一緒に受けたい
  • 小陰唇の黒ずみが気になる
  • 小陰唇の大きさに左右差がある
  • デリケートゾーンに垢が溜まりやすい
  • デリケートゾーンの臭いが気になる
  • 他院で小陰唇縮小術を行ったが、大きさや形が気になる

小陰唇縮小の施術

デザインを重視した小陰唇形成

image

小陰唇は単純に小さくすれば良いというものではありません。当院の小陰唇縮小術では、大きさや色味の調整はもちろんのこと、施術前のデザインにもこだわりを持っています。皮膚切除した小陰唇の端部分を単純に皮膚縫合すると、膨らみが出すぎてボッテリとした厚みのある小陰唇になってしまいます。そこで当院では、小陰唇の縫合部分に厚みがでないよう、皮膚切除の際に切除ラインにひと手間を加えるなど独自の調整を行っています。

傷跡の目立ちにくい自然な縫合

さらに当院の小陰唇縮小術では、術後に縫合した部分が小陰唇に食い込むことで端がギザギザになってしまうことを避けるために、縫合時には事前に中縫いを行って縫い目による皮膚のギザギザができないように工夫をしています。 小陰唇は血流が豊富な部位のため、傷跡が比較的治りやすい部位ではありますが、当院では縫合時はできるだけ細かく丁寧に縫合することで、より術後の傷跡が目立ちにくくなるようにしています。

小陰唇の形とあわせて黒ずみなど解消

image

小陰唇の形や色には個人差がありますが、年齢とともに色素沈着による黒ずみが目立ってくる部位でもあります。外科手術で黒ずみを薄くすることはできませんが、小陰唇の余った皮膚を切除することによって気になる黒ずみを除去することが可能です。 また、大陰唇と小陰唇の間に副皮(ふくひ)という部分があり、小陰唇とあわせてこの部位が肥大していることもあります。副皮は人によって形状が様々な上に、場合によっては副皮がまた全くないこともあるなど一般の人にはわかりにくい部位であるため、小陰唇のみを切除すると副皮が目立ってしまうという際には、小陰唇縮小術とあわせて副皮切除を行うことをお勧めしています。

女医が診察・施術を担当いたします。

「女性のお悩みは女性が一番理解できる」と考える当院では、婦人科形成、美容皮膚科、美容外科のすべての施術において女性医師が診察・治療を行っております。様々な施術の中でも婦人科形成はなかなか他人に相談しにくい内容である上に、「一般的といわれる形や色」がわかりにくい部分でもあるかと思います。気になることがありましたら、まずはお気軽に私どもにご相談ください。

施術の流れFROW

STEP1
カウンセリングを行います。既往歴やアレルギーの有無、患者様のお悩みなどについてお伺いします。また、小陰唇の状態も確認させていただきます。
STEP2
小陰唇の術後のデザインを行います。できるだけ自然な形・ラインになるように、全体のバランスなどを考慮しながらマーキングを行います。
STEP3
麻酔を行います。
STEP4
麻酔薬が十分に効いていることを確認し、手術を開始します。小陰唇の肥大している部分や、黒ずみ部分を丁寧に切除・縫合します。手術時間には個人差がありますが、30分程度のことがほとんどです。
STEP5
手術が終わりましたら、アフターケアや術後の経過についてご説明します。小陰唇縮小は入院の必要がなく、手術当日にお帰りいただけます。

リスク・副作用Risks and Side Effects

小陰唇縮小のリスクや副作用には、手術後に感度が鈍ることなどが挙げられます。また、ごく稀にですが、色素沈着を起こす可能性もあります。これらのリスクや副作用に関しては、カウンセリングの際に詳しくご説明いたしますので、ご不明点やご不安な点がありましたら医師にご相談ください。

ダウンタイム・術後
についてAftercare

小陰唇縮小術のダウンタイムには個人差がありますが、腫れや内出血などが生じる可能性があります。腫れは2日~1週間程度で落ち着くことが多く、術後の経過とともに1ヶ月程度で自然に馴染んでいきます。また内出血が稀に生じますが、1~2週間ほどで落ち着いていきます。また手術後に生理のような軽い出血が生じることがあります。万が一、出血が多く心配な患者様は、当院までご連絡ください。

料金表PRICE

コース料金(税抜き)
小陰唇縮小術¥320,000 ※モニター価格 ¥160,000

Q & ACONSULTATION

小陰唇縮小術は手術後いつから入浴できますか?
小陰唇縮小術は、手術翌日からシャワーを浴びていただけます。湯船での入浴は、手術の2週間後から可能です。
小陰唇縮小術の手術後いつから性交渉が可能ですか?
小陰唇縮小術は、手術の1ヶ月後から性交渉が可能です。
小陰唇縮小術の手術後の注意点などはありますか?
小陰唇縮小術の手術後は、自転車やバイクなど、施術部位に負担となるようなことは3週間程度お控えください。施術部位に内出血を起こし、仕上がりに影響が出る可能性があります。また激しいスポーツは1ヶ月程度避けてください。
小陰唇縮小術の傷跡は目立ちますか?
当院の小陰唇縮小術では、中縫いもあわせて細かく丁寧な縫合をするため傷跡が目立つことはほとんどありません。小陰唇は血流が豊富な部位のため、傷の治りが早い点も特徴です。
施術における注意点
小陰唇縮小術を受ける前に、婦人科疾患がないか確認します。カンジダ膣炎などの婦人科疾患がある場合には、先に治療をしてから手術を行います。そのため、診察日に手術をお受けいただけない可能性もあります。あらかじめご了承ください。

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。
個人輸入において注意すべき医薬品等についてはこちらのサイトもご参照ください。

他施術との違いDIFFERENCE

小陰唇縮小術は婦人科形成のひとつです。婦人科形成術には、クリトリス包茎手術や膣縮小など、様々な種類があります。女性器は他の人と比べることができず、デリケートな問題のため、一人で悩まれる方が多いです。また平均的な大きさや形などもわかりにくいため、誰に相談したらいいかわからないことがほとんどです。当院では、全ての施術を女性医師が診察・施術を行っております。同じ女性という立場で丁寧に回答をさせていただいておりますので、気になる点がありましたらお気軽にご相談ください。