↑

TESSlift noseテスリフトノーズ

  • 鼻形成
  • 隆鼻術/スレッドリフト

第三世代の鼻形成専用スレッドリフト!
トゲとメッシュを組み合わせた特殊な構造で
鼻筋や鼻先の向きや長さを調整します

テスリフトノーズ

TESSリフト(テスリフト)ノーズは、「第三世代のスレッド」として注目されている新しい溶けるタイプの鼻専用のスレッドで、トゲ(バーブ/BARB)のついた糸の周囲を3Dメッシュ(スキャフォールド)が覆っている特殊な形状をしています。 鼻形成専用のTESSリフト(テスリフト)ノーズは、挿入によって鼻筋を高くする、鼻先の向きを変える、鼻先を小さくするといった効果が期待できます。皮下に挿入した際にトゲがしっかりと組織を持ち上げ、さらに周辺組織が3Dメッシュと絡み合うため、より立体的でとても自然なラインを形成することが可能です。 TESSリフト(テスリフト)ノーズはメス不要・手術不要な上に10分程度の施術時間で術直後から変化を実感できる手軽さが人気の鼻形成術です。

※TESSリフトはKFDA(韓国の厚生労働省)の認可を得ている他、CEマーク(EU加盟国基準の適合商品)を取得しています。

TESSリフト(テスリフト)シリーズには、鼻形成専用のスレッド「テスリフトノーズ(TESSlift nose)」とあわせて、リフトアップ専用の「テスリフトソフト(TESSlift soft)」があります。
テスリフトソフト詳細はこちら

こんなお悩みにおすすめFOR SUCH TROUBLES

  • 曲がった鼻筋をまっすぐ滑らかにしたい
  • 鼻筋を高くしたい
  • 鼻先を細くしてだんご鼻を解消したい
  • 上向きの鼻を下に向けたい
  • 下向きの鼻を上に向けたい
  • 切る鼻形成術には抵抗がある
  • 注入物の鼻形成術は抵抗がある
  • ダウンタイムはなるべく短くしたい

TESSリフトノーズ(テスリフトノーズ)について

トゲ×3Dメッシュによる
強力なライン形成と持続力

TESSリフト(テスリフト)ノーズは、トゲのついたスレッドを3Dメッシュ(スキャフォールド)が覆った特殊な構造をした糸で、既存スレッドよりもライン形成力や持続力がより強化された新しいスレッドです。糸についたトゲによって皮下組織がしっかりと持ち上げられると同時に、挿入した部位の周辺組織が3Dメッシュ内部に入り込むため、鼻筋や鼻先に対してイメージに近いラインへ変化を加えることができます。

様々な鼻形成術に
対応可能なスレッド

様々な鼻形成術に対応可能なスレッド

鼻形成専用スレッドTESSリフト(テスリフト)ノーズは、以下のような効果が期待できます。

  • ① 鼻筋をまっすぐにする
  • ② 鼻筋を高くする
  • ③ 鼻先の向きを変える
  • ④ 鼻先を小さくする

メス不要・手術不要で行うことができる上に、ヒアルロン酸などの異物注入も行わない低侵襲の鼻形成術である点が特長です。

より自然で
滑らかな鼻のラインを形成

TESSリフト(テスリフト)ノーズは、糸についたトゲと、糸を取り巻く3Dメッシュ(スキャフォールド)の相乗効果によって鼻周辺組織をしっかりと保持するため、より自然で滑らかな鼻のラインを形成することが可能です。TESSリフト独自のジグザグ方向に折り返して挿入するオリジナル技法によって、皮下を引き締める足場の固定強度と全体の引調強度が大幅に向上します。

TESSリフト独自の挿入方法

  • 挿入方法01
    皮下に糸を挿入します。
  • 挿入方法02
    糸の先端を折り返します。3Dメッシュ構造によって広範囲の周辺組織へ作用します。
  • 挿入方法03
    さらに糸を挿入します。TESSリフトは一般の糸よりも長い点が特徴です。
  • 挿入方法04
    両方の先端を折り返すことで、3層の糸が皮下に並びます。
  • 挿入方法05
    メッシュ処理された糸が3層に並ぶことでより堅固にリフトアップします。

術直後から効果を実感でき、
効果は半年~1年半程度持続

TESSリフト(テスリフト)ノーズを挿入する際の糸の本数は、目安としては鼻背部、鼻尖部の場合は4本程度となっており、効果の持続は個人差があるものの、糸が体内に吸収されていく過程で半年~1年半程度となっています。患者様の仕上がりのご希望にあわせて、数本ずつ入れながらお顔全体のバランスを確認し、スレッドの本数を調整しながら複数回にわけて入れていくことなども可能です。

当院オリジナルの
スレッドコンビ治療もございます

TESSリフト(テスリフト)ノーズは、単独でも鼻筋や小鼻に十分な効果を出すことができますが、他のスレッド術と組み合わせることでより立体的なお顔立ちにしたり、小顔効果をアップさせることも可能です。お一人ひとりの骨格・脂肪のつき方などを診察で拝見させていただいた上でご提案させていただいております。ご要望などあれば何なりとお申し付けください。

施術部位OPERATION SITE

施術部位

施術の流れFROW

STEP1
診察・カウンセリングをして、ご希望にあった施術方法を決めていきます。
STEP2
クリーム麻酔を塗布し、表面麻酔を行います。
STEP3
表面麻酔の効果を確認した後、局所麻酔を行います。(注射のため多少の痛みがあります)
STEP4
表面麻酔・局所麻酔の効果を確認した後、スレッド処置を行っていきます。
STEP5
完了。
施術後の経過観察の通院は不要で、施術後は翌日にメイクも可能です。

リスク・副作用Risks and Side Effects

TESSリフト(テスリフト)ノーズによるスレッドリフト・糸リフトの施術では、ごく稀に継続的な熱感や腫れが起こる場合があります。炎症・感染などの症状である可能性も考えられるため、このような状態になった際には早めに医師までご相談ください。また、術後にマッサージなどで施術部位に過度の負荷をかけたことによって腫れの増長や、糸が皮膚から露出してしまうこともありますので、このような場合にも医師まで早急にご連絡ください。

ダウンタイム・術後
についてAftercare

TESSリフト(テスリフト)ノーズのダウンタイムには個人差がありますが、痛み・腫れ・むくみ・内出血などが挙げられます。いずれの症状も術後1~3週間程度で次第に回復していきます。また、まれに糸の挿入部位に凹凸(おうとつ)が生じることがありますが、長くとも2~4か月程度で次第に落ち着きます。

料金表PRICE

コース料金
テスリフトノーズ2本通常¥110,000
導入キャンペーン ¥94,600
モニター ¥88,000
4本通常¥198,000
導入キャンペーン¥176,000
モニター ¥158,400
6本通常¥264,000
導入キャンペーン¥231,000
モニター ¥211,200
テスリフトノーズ+Y-KOテスリフト2本+Y-KO10本¥242,000
モニター ¥193,600
テスリフト2本+Y-KO5本¥187,000
モニター ¥149,600

※別途カニューレ代1,100円がかかります

※医療ローンでのお支払いも可能です。詳細はこちらご覧ください。

Q & ACONSULTATION

TESSリフト(テスリフト)ノーズの施術に痛みはありませんか?
当院では、痛みに弱い方でも安心して施術をお受けいただけるように表面麻酔・局所麻酔を使用していますTESSリフト(テスリフト)ノーズの施術に関して不安なことがあればカウンセリング時にお気軽にご相談ください。
TESSリフト(テスリフト)ノーズの施術時間はどれくらいですか?
TESSリフト(テスリフト)の施術の際には事前に麻酔を使用するため、全体では1時間~1時間半程度の施術となります。スレッドの挿入自体は10~15分程度で終了します。
TESSリフト(テスリフト)ノーズの施術効果はどれだけ持ちますか?
TESSリフト(テスリフト)ノーズはPDO(ポリジオキサノン)という溶ける糸を使用したスレッドです。PDO糸は外科手術等でも使用される安全性の高い糸で、体内に吸収されるまでに180日~240日ほどかかります。またTESSリフト(テスリフト)は糸の周辺を3Dメッシュ(スキャフォールド)で覆っているため、糸が体内に吸収されていく過程で半年~1年半程度効果が持続することが多いです。
TESSリフト(テスリフト)ノーズの効果はいつから実感できますか?
糸を挿入することによる物理的な引き締め効果によって、施術直後から効果を実感いただけます。
施術費用について分割やローン払いも可能でしょうか。
当院では、お支払い方法につきましては現金の他、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、医療ローンでのお支払いを承っております。医療ローンは最大60回までの分割が可能となり、事前に所定の書類への記載が必要となります。医療ローンでのお支払いをご希望の際には、ご予約の際にスタッフまでお申し付けください。
※お支払い方法に関する詳細はこちらもご覧ください。
施術における注意点

メイクについては、施術当日は控えていただき、翌日から行うようにしてください。洗顔・シャワーは当日から可能です。サウナ・飲酒・激しい運動・熱い湯での入浴などは術後1週間ほど控えるようにしてください。なお、妊娠の可能性のある場合は施術を行えない場合がありますのでご了承ください。その他、妊娠中・授乳中の患者様も同様ですので、カウンセリング時には必ずお伝えいただくようお願い申し上げます。

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。
個人輸入において注意すべき医薬品等についてはこちらのサイトもご参照ください。