↑

HYALURONIC ACIDヒアルロン酸

  • お顔のシワ・たるみ
  • アンチエイジング

しわ・たるみ改善、
ハリ感アップなど
幅広い年齢層に人気の
ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射は、しわ・たるみの改善、リフトアップ、ハリ感やツヤ感アップ、さらに加齢によるお顔のボリュームの減少を改善するなどの効果が期待できる施術です。美容医療以外でもヒアルロン酸は使用されており、肩や膝などへの関節内注射としても用いられています。ヒアルロン酸は、もともと人の体内(特に皮膚や関節など)に存在している物質で、細胞と細胞をつなぐ役割を担っています。水分を保持する力が強く、注入することで肌のハリや潤いを保つ効果も見込まれます。

〇ヒアルロン酸注入が適した部位

  • ・ゴルゴライン
  • ・マリオネットライン
  • ・ほうれい線
  • ・目の下のクマ
  • ・頬のたるみ


肌は年齢とともに次第に弾力が減ってしわが目立つようになります。そのようなしわが目立つ部分にヒアルロン酸を注入することで、水分をしっかりと保持して肌の内側から持ち上げるような形で、しわを軽減させることが期待できます。
またヒアルロン酸注射は顔のしわ部分だけでなく、こめかみのへこんだ部分や頬のこけた部分に注入してボリュームを出すことによって老けた印象を改善することも可能です。さらにヒアルロン酸注射は鼻先や顎先、唇などへの注入も可能ですのでご相談ください。

こんなお悩みにFOR SUCH TROUBLES

  • 目元のしわが気になる
  • ほうれい線が目立つ
  • ゴルゴラインを改善したい
  • マリオットラインが気になる
  • 頬のたるみを解消したい
  • こめかみの凹みが気になる
  • 顎が小さく形を整えたい
  • 口周りのシワを改善したい
  • 唇のボリュームアップがしたい
  • 鼻先に高さを出したい
  • あご先をシャープにしたい(小顔にしたい)

ヒアルロン酸注射の施術

ダウンタイムが少ない治療

ヒアルロン酸注射は、術後の赤み・腫れ・痛みなどのダウンタイムが少ないため、当院でもとても人気のある施術です。施術時間は個人差によるものの、1部位につき5〜10分程度のことが多いため、お忙しい方にも受けていただきやすい点も特長です。

様々なお肌のお悩みに対応

image

ヒアルロン酸注射は、様々なお肌のトラブルに対応します。おでこや目元のしわの改善の他、ほうれい線やゴルゴライン、マリオネットラインに刻まれた深いしわの改善、さらに加齢によるこめかみや頬のボリューム減少にも効果が期待できます。またヒアルロン酸は保水力も高いため、ハリや弾力のある肌に近づけます。その他、唇に注入して唇を厚くしたり、鼻先へ注入して鼻へ高さを出したり、顎先に注入して小顔に見せたり、また男性的な角ばった額にヒアルロン酸を注入すると女性的なまるい額になるなど、悩みや部位にあわせて様々な使い方ができるのがヒアルロン酸注射の魅力です。

アレルギー反応が起こりにくい

ヒアルロン酸注射は、人の身体にもともとあるヒアルロン酸を注入するため、アレルギー反応が起こりにくいという特徴があります。当クリニックでは、厚生労働省の認可を受けたヒアルロン酸を使用しているので、安心して施術をお受けいただけます。

施術部位OPERATION SITE

施術部位

施術の流れFROW

STEP1
カウンセリングを行います。患者様のお肌の状態や、お悩み、ご希望などをお伺いした上で、注入部位や注入量などを決定していきます。
STEP2
クレンジング・洗顔をしていただきます。メイク落としや洗顔料は、当クリニックにてご用意しておりますので、そちらをご使用ください。
STEP3
施術前後の比較をするため、写真撮影を行います。
STEP4
麻酔クリームを塗布します。
STEP5
麻酔が効いていることを確認したら、ヒアルロン酸を注入していきます。施術時間は、1ヶ所につきおよそ5〜10分です。
STEP6
アフターケアや術後の経過についてご説明します。注射した部位はマッサージしないようにご注意ください。

医師によるカウンセリングの後、多くの場合、麻酔クリームを塗ったあと、細い針で少しずつ皮膚に注入します。
施術時間は部位などによって異なりますが、1か所につき5~10分前後が目安です。治療部分が腫れるなどのダウンタイム※も比較的短く、その日のうちに化粧をすることができ、通常の生活を送ることができます。
※ダウンタイム…施術後から回復までの期間のことで、施術前の生活を取り戻せるまでの期間。

リスク・副作用Risks and Side Effects

ヒアルロン酸注射は、ごく稀に注入部位にしこり・赤み・腫れ・痛み・内出血・変色・かゆみなどが生じる可能性があります。これらは術後の経過とともに、1週間程度で落ち着くことが多いです。またヒアルロン酸注射による失敗例としては医師の技術不足により血管にヒアルロン酸を注入してしまい皮膚が壊死してしまったという症例があります。ただしこのような事例は、技術力のない医師が注入することにより起こるものです。当クリニックでは、症例数が豊富で解剖学等の知識のある医師が施術を担当しています。

ダウンタイム・術後
についてAftercare

ヒアルロン酸注射には、個人差はありますがダウンタイムはほぼありません。ごく稀に腫れや内出血などが起こる可能性はありますが、術後の経過とともに落ち着いていきます。

料金表PRICE

コース料金(税抜き)使用目安量
Juvederm Vista
Voluma XC
1,0cc¥80,0001,0cc~
2,0cc¥128,000目元(くま)頬0,5cc~
3,0cc¥168,000額・顔全体3,0cc~
コース料金(税抜き)使用目安量
他ヒアルロン酸0,1cc¥9,8001,0cc~
1,0cc¥58,000目元(くま)頬0,5cc~
3,0cc¥125,000額・顔全体3,0cc~
バスト左右各100cc¥600,000リップ(口周り)2,0cc~
涙袋0,3cc~
※持続期間約1年(個人差あり)

Q & ACONSULTATION

ヒアルロン酸注射にはリフトアップ効果はありますか?
ヒアルロン酸注射はリフトアップ効果も期待できる施術です。カウンセリングの際に実際の脂肪や筋肉のボリュームや位置を確認した上で注入部位や注入量などを決めていきます。当院では注入のマニュアルのようなものは用意しておらず、経験豊富な医師がひとりひとりの状態に合わせてより美しくリフトアップできるように注入しています。施術前のカウンセリングにて、じっくりとデザインをするため、ご希望などはその際にお申し出ください。
ヒアルロン酸注射の効果はいつまで続きますか?
ヒアルロン酸注射の効果は、個人差はありますが、6ヶ月〜1年程度持続することが多いです。ヒアルロン酸は体内に吸収されるため、これ以降も継続した効果をご希望される場合は定期的に施術を受けられることをおすすめします。
ヒアルロン酸注射は何回治療を受ければ効果が出ますか?
ヒアルロン酸注射の効果は、基本的に1回の施術で感じていただけます。ただし、効果は永久的なものではないため、長期的な効果が欲しい際には繰り返し施術を受けていただくことをおすすめしております。
ヒアルロン酸注射の施術時間を教えてください。
ヒアルロン酸注射の施術時間には、個人差はあるものの、ほとんどの場合1ヶ所につき5〜10分程度です。施術当日にご予定のある際にはご予約の際にあらかじめお申し出ください。
ヒアルロン酸注射のダウンタイムの期間や術後の経過について教えてください。
ヒアルロン酸注射は、個人差はあるもののダウンタイムはほぼありません。ごく稀に腫れや内出血が生じることがありますが、術後の経過とともに、1週間程度で落ち着いていきます。万が一腫れが出た際も、お化粧で隠していただける程度のことが多いです。
ヒアルロン酸注射の施術後のアフターケアについて教えてください。
ヒアルロン酸注射の施術後は、注入部位をマッサージしないようにしてください。またしばらく冷やしていただくことで痛みや赤みを抑えることが期待できます。ヒアルロン酸注射は適切な量を注入しても、施術後2〜3日は注入部位のふくらみが気になる可能性があります。ほとんどの場合、施術から1週間ほどで自然な仕上がりに落ち着きます。
ヒアルロン酸を分解・溶解することはできますか?
ヒアルロン酸は注入後に分解・溶解させることができます。また他院での施術に満足できなかった場合など、ヒアルロン酸注射の修正術を行うことも可能です。気になる際にはまずはお気軽にご相談ください。
ヒアルロン酸注射はいつからメイクができますか?
ヒアルロン酸注射は、施術当日からメイクをしていただけます。また、シャワーは浴びていただけますが、湯船での入浴はお控えください。
施術における注意点
ヒアルロン酸注射は、妊娠中・授乳中の患者様にはお受けいただけません。あらかじめご了承ください。

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。
個人輸入において注意すべき医薬品等についてはこちらのサイトもご参照ください。

他施術との違いDIFFERENCE

ヒアルロン酸注射と比較される施術に、ボトックス注射があります。どちらもしわの治療に用いられますが、別のメカニズムからアプローチした治療法です。
ヒアルロン酸注射は、加齢によって減少する肌のボリュームを補う治療方法です。ほうれい線やマリオネットライン、目の下のくぼみなどの治療に適しています。対してボトックス注射は、筋肉(表情筋)の働きを抑える効果があるため、表情じわを治療もしくは予防する効果が見込まれます。眉間のしわ、額のしわ、目尻の笑いじわなどに適しています。
どちらもしわへの治療効果が見込まれますが、アプローチ方法が異なります。またヒアルロン酸注射とボトックス注射を組み合わせて施術を行うことで、より高い効果が見込まれるケースもあります。当院では、実際にカウンセリングや診察の際に状態を確認した上で適切な治療をご提案させていただいております。