↑

MIRADRYミラドライ

  • ワキガ
  • 脇の汗
  • 脇の匂い
  • はもり皮フ科

皮膚を切らずにワキガ・多汗症を改善!
持続的な効果が期待できる「ミラドライ」

ミラドライは、マイクロ波を照射することによってワキガや多汗症を改善させる施術です。従来のように手術を伴わずに持続的な効果が期待できる点が特徴です。
ワキガは、「アポクリン腺」と「エクリン腺」と呼ばれる2つの汗腺から出る汗と、皮膚表面の脂肪や空気中の雑菌が混じり合うことで生じます。2つの汗腺のうちアポクリン腺は、脇や乳輪、外陰部などに特に集中しており、体臭の原因となる汗を出します。アポクリン腺から出る汗は、もともと異性を惹きつけるフェロモンのような役割を果たしていたため独特の匂いがあります。一方エクリン腺は体温調整として汗を出す役割を果たしており、体全体に分布しています。
ミラドライは、ワキガの原因である「アポクリン腺」「エクリン腺」に働きかけ、汗腺を破壊することで汗の量を減らし、ワキガを改善する効果が見込まれます。一度破壊された汗腺は再発することがないため、長期間の効果が期待できます。
なおミラドライは電磁波を照射することで汗腺を破壊しますが、冷却しながら施術を行うため皮膚表面へのダメージがほとんどありません。さらに麻酔も使用するため施術中の痛みがほとんどないのも特徴です。
ワキガの治療には、メスを用いた切る施術や、ボトックス注射などがありますが、ミラドライは傷跡も残らず長期間の効果が期待できるため、痛みやダウンタイムが不安という方にもおすすめの治療です。

こんなお悩みにFOR SUCH TROUBLES

  • ワキガに悩んでいる
  • 夏以外でも脇汗が目立つ
  • ワキガを治したいけど手術はしたくない
  • できるだけ効果が続く治療を受けたい

ミラドライの施術

手術をせずにワキガ治療が可能

image

ミラドライは、マイクロ波(電磁波)を照射することでワキガを改善する治療法です。マイクロ波は水分に吸収されやすいため、水分を多く含む汗腺(アポクリン腺・エクリン腺)に吸収されます。アポクリン腺とエクリン腺は、いずれもワキガや多汗症の原因となるため、マイクロ波を照射し破壊することでワキガや多汗症を改善させる効果が期待できます。

image

なおミラドライの周波数は、真皮層を通過しやすく皮下脂肪で抵抗を受けやすいよう設定されており、アポクリン腺やエクリン腺が集中する真皮層と皮下脂肪の境界にエネルギーが蓄積するようになっています。そのためマイクロ波エネルギーが効率よく汗腺に吸収され、より高い効果が見込まれます。

image

また、ミラドライには「ハイドロセラミック・クーリング」と呼ばれる冷却システムが搭載されており、表皮から真皮にかけて冷却することができます。汗腺の集まるエリアにはマイクロ波エネルギーが効率よく届き、表皮から真皮にかけては冷却することができるので、皮膚を保護しながら治療を行うことが可能です。

汗腺を破壊し
長期間の効果が期待できる

ミラドライは汗腺そのものを破壊するため、長期間の効果が期待できます。ワキガや多汗症の治療には、メスを用いた切開手術やボトックス注射などがありますが、ミラドライは手軽さと効果の持続性を兼ね備えています。
メスを用いた手術は汗腺そのものを除去するため半永久的な効果が見込まれます。ただし、切開を伴うため、術後に傷跡が残ったり、赤み・腫れなどのダウンタイムが長いという特徴があります。またボトックス注射は、脳が出す「汗をかけ」という命令を伝える神経の働きを弱めることで汗を出にくくする原理でワキガ・多汗症を改善しますが、効果の持続期間が半年〜1年ほどのため繰り返し施術を受けていただく必要があります。
それに対しミラドライは、マイクロ波を照射することで汗腺を破壊するため長期間の効果が見込まれる上、切開を伴わないのでダウンタイムが短いという特徴があります。基本的には施術から3年後、5年後にも効果が持続している場合が多く半永久的な効果が期待できると言えます。

痛みやダウンタイムの少ない治療

ミラドライは、施術中の痛みやダウンタイムが少ない治療です。麻酔クリームを使用するので、施術中の痛みはほとんどありません。また、個人差はありますが、赤みや腫れなどのダウンタイムの症状が出ても、術後の経過とともに1週間程度で落ち着くことが多いので、過度なご心配はいりません。

施術の流れFROW

STEP1
カウンセリングを行います。患者様のお悩みなどをお伺いした上で、ミラドライの施術が適しているかを決定します。
STEP2
照射部位にマーキングをします。脇のサイズや発汗する部位などを参考に、照射部位を決定していきます。
STEP3
麻酔クリームもしくは局所麻酔を行います。
STEP4
麻酔が十分に効いていることを確認しましたら、ミラドライを照射していきます。
STEP5
照射部位をしっかりと冷却します。アフターケアや術後の経過についてご説明し、施術完了となります。

リスク・副作用Risks and Side Effects

ミラドライには、個人差はありますが一時的に麻酔によって手に力が入りにくくなることがあります。多くの場合、時間の経過とともに改善します。また治療後1週間程度は、施術部位に違和感を覚える可能性がありますが、これらも術後の経過とともに落ち着いていくことがほとんどです。

ダウンタイム・術後
についてAftercare

ミラドライのダウンタイムには、個人差はあるものの赤みや痛みが2〜3日続くことがあります。ほとんどの場合、1週間程度で落ち着いていきます。また1週間ほど施術部位にむくみやしびれが生じる可能性もあります。これらの症状も術後の経過とともに落ち着くことがほとんどです。

料金表PRICE

コース税抜
両わき 通常プラン¥350,000
両わき 保障つきプラン¥450,000
片わき¥270,000
コース税抜
脇ボトックス¥80,000
詳しくはこちら

Q & ACONSULTATION

ミラドライの施術時間を教えてください。
ミラドライの施術時間には、個人差はありますが片側20〜30分程度、両脇合わせると1時間程度になることがほとんどです。ただしカウンセリングや施術部位の決定、デザインなども含めますともう少しお時間を頂戴する可能性があります。施術当日にご予定のある患者様は、ご予約の際にあらかじめお申し出ください。
ミラドライの効果はいつ頃感じられますか?
ミラドライは、個人差はあるものの施術直後から1週間程度で効果を感じていただくことが多いです。多汗症に対する治療であれば2回施術を受けていただくことで、8割以上の患者様が症状の改善を実感されています。ワキガに対する治療では、2回照射することで7割の患者様に満足いただいています。ただしワキガの場合は、わずかな臭いが残る場合があり、完全に臭いを消失させることが難しい場合もあります。ご不明点などがございましたら、どのようなことでもご相談ください。
ミラドライの施術後いつから入浴が可能ですか?
ミラドライは、基本的には施術当日からシャワーは可能ですが、湯船での入浴は施術翌日からとなります。また、施術の翌日から普段通りの生活をしていただけますが、3日間は激しい運動などはお控えください。
施術における注意点
  • 妊娠中、授乳中の患者様
  • ペースメーカーなど医療電子機器がお身体に留置されている患者様
  • 麻酔薬アレルギーの患者様
  • ケロイド体質の患者様
  • 糖尿病などで傷の治りの悪い患者様
  • 多汗症や腋臭症手術をお受けになった経験ある患者様
  • 心疾患(不整脈等)をお持ちの患者様
  • 甲状腺機能異常の患者様
  • その他重篤なご病気をお持ちの患者様

上記に当てはまる患者様には、施術をお受けいただけない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

他施術との違いDIFFERENCE

ワキガや多汗症の治療には、ミラドライの他にも、ボトックス注射やメスを用いた手術などがあります。
ボトックス注射には「神経の働きを抑える」効果があり、脳から汗腺へ送られる「汗をかけ」という命令を伝わりにくくすることができます。この作用によって、ボトックス注射は汗を抑えることが見込まれるのです。注射を打つだけの治療になるので、手軽に受けられるというメリットはありますが、効果の持続期間が半年〜1年程度のことが多く、繰り返し施術を受ける必要があるというデメリットもあります。
メスを用いた手術では、汗腺を除去するためワキガや多汗症の原因となる部分を根本から治療することができます。そのため半永久的な効果が期待できますが、切開を伴うためダウンタイムが長いというデメリットがあります。
これらに対しミラドライでは、マイクロ波を照射することで汗腺を破壊し、長期的な効果を期待することができます。さらに、切らない治療方法なのでダウンタイムが少なく、施術時間も短いため、比較的手軽にお受けいただけます。ワキガや多汗症にお悩みで、手術や注射などに抵抗がある患者様におすすめです。