↑
↑

KEIAIKAI Column鼻スレッドリフト 「Y-KO(ワイコ)」の実際の施術風景は?

ザナチュラルビューティクリニックグループでは美容皮膚科・美容外科の様々な施術を取り扱っていますが、その中でも「スレッドリフト(糸リフト)」治療を得意としており、取り扱っているスレッド施術は約20種類に及びます。

スレッドには大きく分けて2種類あり、【引き締め・たるみ治療・小顔治療】で使用するものと、【鼻を高くする・鼻先に変化を加える】ものがあります。

どちらも人気ですが、今回は鼻スレッド術で一番人気のY-KO(ワイコ)についてお話しますね。

鼻整形で使用する専用スレッド「Y-KO(ワイコ)」について

Y-KO(ワイコ)は「鼻を高くする」「鼻先を高くする」「鼻先の向きを変える」といった鼻整形で使用するスレッド(糸リフト)で、手術のように切開することなく糸のチカラで鼻に変化を加える施術です。

人気の秘密は3つあるのかなと思います。

1.ダウンタイムが少ない

手術は鼻の皮膚や組織を切って変化を加える施術のため、どうしても術後のダウンタイム(腫れや赤み・内出血などです)が2週間~1ヶ月程度続くため、お仕事や学校などの関係でなかなかトライできないという方も多いようです。

対してスレッド(糸リフト)で鼻に変化を出すY-KO(ワイコ)は、鼻の皮膚や組織を切らずに施術を行えるため、赤み・腫れといったダウンタイムが(もちろん個人差はありますが)1週間程度で落ちつくことがほとんどです。施術では鼻に糸を挿入するため、術後に多少鼻が突っ張っているような違和感や痛みがあることもありますが、多くの場合はこういった感覚も1日~数日程度で無くなっていきます。

また手術の場合、術後にギプスによる固定が必要なことも多いですが、鼻スレッド術ではこのような固定も不要です。
糸を挿入した際に生じる針穴に赤みや傷が生じますが(糸は鼻先から入れるので、鼻の穴の上あたりに小さな針穴の傷跡が出来ます)、ごくごく小さく、また傷跡は翌日からでしたらメイクで隠すことができます。

2.術後すぐに変化を実感できる

Y-KO(ワイコ)はダウンタイムが少ない施術なので、術後すぐに鼻の変化を実感することができます。

わたくしが行う施術では、スレッド(糸)の処置が終った後に必ず手鏡で患者様に鼻の状態を確認していただきますが、多くの方が術直後の鼻の変化にご満足してくださっており、また嬉しさで喜びの声を上げてくれる患者さんもいらっしゃいます。(こういったお声を頂戴するのが、医師として本当に本当にうれしい限りです・・・!)

それくらい腫れも赤みもなく、また、術直後から理想としていた鼻のラインになれるということでしょう。

手術のような腫れもほとんどないので、患者さんの中には、施術が終った後にそのままお友達とお会いされたり買い物に行かれたりする方も多く、術後はいつもと変わらない様子でお帰り頂いています。

傷口からばい菌などが入らないように多少気を付けていただく必要はありますが、施術後6時間程度経過すれば洗顔やシャワーなどもいつも通りに行うことが可能です。

3.周囲にバレない程度のナチュラルな変化を得られる

「どのくらいの変化を加えるか」については、患者さんお一人ひとりと事前にお話しをしてをもちろん決めていますが、最近の傾向として多いのが「周囲にバレたくない」「自然なラインにしたい」というご要望です。

以前は、「いかにも!」なくらいに鼻先を高くしたり鼻筋を通すような鼻整形術を希望される方も多かったのですが、ここ数年は「とにかく自然なラインにしたい」という声が圧倒的に多いです。

※なお実際には、ほんの数ミリの変化でもかなり大きく見た目の印象は変わるので、少しの変化でももちろんご満足いただけるケースがほとんどです。

このような際にはますます糸スレッドによる鼻整形術がお勧めで、軟骨や注入物などの詰め物をすることで鼻に高さを出したり向きを変えたりしないため、本当に自然なラインを形成することができます。

逆にY-KO(ワイコ)のデメリットは上と逆で、

・一生ものの変化ではない(個人差はありますが半年~1年半程度で元に戻ります)
・劇的な変化は期待できない(大きな変化をご希望の際には手術がお勧めです)

ということになるかと思います。

鼻の整形術には上であげた手術の他、ヒアルロン酸注入やプロテーゼ挿入など色々ありますが、それぞれにおいてメリット・デメリットがあるので、ご自身の希望や理想にあわせて適した施術を選ばれるのがよいのかなと思います。

一旦ここでまとめると、鼻スレッド術「Y-KO(ワイコ)」はこんな方にオススメなのでは?と考えております。

●できるだけ手軽に鼻整形をしたい
●ダウンタイム(術後の赤み・腫れ)はできるだけ最小限にしたい
●「いかにも」ではなく自然なラインに仕上げたい
●術後すぐに変化を実感したい

鼻スレッド「Y-KO(ワイコ)」の施術イメ―ジ

とはいえ、鼻先に針で糸を入れるというと、やっぱり不安もありますよね。

鼻スレッド「Y-KO(ワイコ)」を行った際の施術の流れを簡単にまとめてみます。

1.診察で術後のラインについて確認します。

まずは診察です。ドクターが、お一人ひとりのご希望についてお伺いします。

そしてご希望にあわせて適切なスレッドの本数をご提案します。

たとえば「鼻先を小さくしたい」という共通のお悩みでも、もともとの鼻の大きさやサイズ感は人それぞれなので、一人ひとりの脂肪や組織の厚みなどを確認した上で適した本数を算出しています。

このあたりは医師の経験値による点も多いのですが、我々のクリニックはスレッド術を10年以上前から本当にたくさん行ってきているため(※鼻専用スレッド「Y-KO(ワイコ)は、実はわたくし吉田が日本にはじめて導入しました!)、経験を元に適したスレッド本数を提案しています。

2.マーキングを行います

実際に施術を行う前に、スレッドを挿入する位置にマーキングを行います。

どの方向にどのくらいの深さでスレッドを挿入するかは医師の裁量による点が大きく、この辺りがしっかり事前にシミュレーションできていないと、せっかく鼻にスレッドを挿入してもほとんど変化が出なかったり、もしくは挿入位置が正しくないなどの理由でスグに元に戻ってしまうこともあります。

鼻のスレッドに限ったことではありませんが、せっかくやるのであればお値段だけで選ばずに、経験豊富で症例数が多い医師・クリニックの下で美容医療を行うことをお勧めします。

3.施術前に麻酔を行います

マーキング後が終ったら、施術の準備として麻酔を行います。

当院では2つの麻酔を使用しており、

①表面麻酔で皮膚の感覚を鈍くして、

②その後局所麻酔を行い、皮下組織の間隔も鈍くします。

局所麻酔は鼻先から入れるのですが、この時に針を刺す痛みが多少あります。しかしここを乗り越えれば、それ以降はほぼ無痛で施術を行うことができます。

4.糸を鼻に挿入します

30分程度経過して麻酔が効いたら、実際にスレッドを挿入します。

麻酔を注入した部分と同じ鼻先から、鼻筋を高くする際には鼻筋方向に、鼻先を高くする・鼻先の向きを変える際には鼻下に向けて必要本数を挿入します。

当院では、比較的鼻の両方(=鼻筋を高くする+鼻先を高くする)のライン調整を希望される方が多いので、この場合は鼻筋と鼻先の両方に向けてスレッドを挿入します。

なお、スレッドを挿入すればそれだけで自動的に鼻に高さがでるというわけではないので、挿入後は鼻の組織とスレッドがしっかりと馴染むように、鼻のラインを形成しながら軽く揉み込むように形を整えます。(この辺りも、医師の経験がモノを言う作業です)

5.挿入後のラインの確認

スレッド挿入後に、手鏡で患者様に鼻のラインを確認していただきます。

Y-KO(ワイコ)は挿入後すぐに効果を実感いただける施術なので、直後から鼻の変化を患者様にも実感していただくことができます。

6.アフターケア

Y-KO(ワイコ)は術後に通院などの必要はありません。

また赤み・腫れなどのダウンタイムも少ないので、施術が終了すればそのまま普段通りの生活に戻ることができます。

施術当日は多少の痛みや腫れが生じることもあるので、お帰りの際に抗生剤を処方します。

施術後6時間程度経過すれば、洗顔、シャワーなども普段通りに行えます。

当院では、鼻整形にスレッドリフトをお勧めしています

ざっとまとめると鼻スレッドY-KO(ワイコ)の施術は上のような流れになります。

実際に施術を行う前に多少でも流れがイメ―ジできれば、施術への不安や心配なども少しはなくなるのかな?と思いましたので、今回はかなり丁寧にひとつひとつの施術フローについてまとめてみました。

なお、鼻整形にはヒアルロン酸注入、鼻プロテーゼ挿入、手術などの手法がありますが、わたくし達は、スレッドリフトによる鼻整形が「効果」と「リスク」の両方から考えた際に、最もバランスが取れていると考えています。

●ダウンタイムが少ない
もちろん個人差はありますが、多くの場合、術後の赤み・腫れは大きいものは1日程度、また小さなものも1週間から長くても2週間程度で改善することが多いです。

●注入物を使用しないのでリスクが少ない
ヒアルロン酸注入は、誤って血管に入ってしまうと血管塞栓(詰まり)による失明の可能性もあります。

●異物を挿入しないので自然
プロテーゼなどを挿入しないため自然な高さになります。

——–

まだまだ鼻整形にスレッドリフトを使用しているところは多くはないですが、メリット・デメリットを考慮した上でご自身にあった施術を選ばれるのがよいのかなと思います。
もし何か気になる点があれば、カウンセリングなどで気軽に聞いてくださいね。

鼻専用スレッド「Y-KO(ワイコ)詳細はこちら
カウンセリングのご予約はこちらからお気軽にどうぞ!

コラム監修者 吉田 由佳 医療法人敬愛会グループ理事長 専門科:形成外科・美容外科・皮膚科・美容皮膚科

関西医大卒、京都大学形成外科学教室入局後、京都大学附属病院、大阪赤十字病院、済生会中津病院、長浜赤十字病院を経て現在、医療法人敬愛会理事長に。アジア各国、韓国、シンガポールなどでスレッド治療の第一人者としてのべ数百人の美容ドクターの教育に尽力。国内では日本美容外科学会のシンポジストとしてスレッドの臨床発表も行う。スレッドや注入術、マシンなどによる施術を組み合わせ、より解剖的に有益で痛みの少ない低侵襲なエイジングケアの研究・開発を進め続けている。(日本形成外科学会会員・日本美容外科学会会員)