↑

NABOTAボトックス注射(ナボタ)

  • シワ・たるみ

米国FDA・韓国KFDAによる安全基準をクリアした
費用対効果が高いボツリヌストキシン製剤

image

ナボタ(NABOTA)は、アラガン社製が製造する「ボトックス」で有名な、ボツリヌストキシン製剤の1種です。(「ボトックス」はアラガン社の商品名です)ボツリヌストキシン製剤は顔のしわやたるみ治療だけではなく、肩こりの緩和、二の腕痩せ、ふくらはぎ痩せにも効果が期待できる他、多汗症やガミースマイル(笑った際に上唇が上がって前歯が見えてしまう状態)の治療などにも用いられます。

当院が取り扱っているナボタ(NABOTA)は、韓国最大の医薬品メーカーであるデウン製薬が製造した最新のボツリヌストキシン製剤で、その安全性や品質は米国FDAと韓国KFDA(いずれも日本でいう厚生労働省)に認可されています。今まで米国FDAに認可されているボツリヌストキシン製剤といえばアラガン社のボトックスのみでしたが、今回、韓国のナボタ(NABOTA)が認可されたことで、ボトックスと同じレベルの安全性が世界的に認められたと言っても良いでしょう。なおナボタ(NABOTA)は、米国FDAの他、KFDA(韓国食品医薬品安全庁)にも認可されており、大韓民国新薬開発賞「技術輸出賞」を受賞した経歴もあります。

※「ボトックス」の名称は実際にはアラガン社の商標であり、ボツリヌス菌を使用した薬剤全般はボツリヌストキシン製剤(ボツリヌストキシン注射)といいます。

こんなお悩みにFOR SUCH TROUBLES

  • 眉間やおでこのしわが気になる
  • 目尻の笑いじわや、ほうれい線を改善したい
  • エラが張っている
  • 小顔になりたい
  • さがっている口角を上げたい
  • 安全性の高いボトックス(ボツリヌストキシン製剤)を受けたい
  • できるだけリーズナブルにを受けたい

ナボタ(NABOTA)の施術

米国FDA認可の品質基準の
ボツリヌストキシン製剤

韓国の医薬品メーカー最大手(デウン製薬)が製造した最新のボツリヌストキシン製剤「ナボタ(NABOTA)」は、韓国のKFDA(韓国食品医薬品安全庁)での認可とあわせて、世界で最も厳しいともいわれる米国FDAの安全基準・品質基準をもクリアしたボツリヌストキシン製剤です。今まで米国FDAの認可を得ているボツリヌストキシンはアラガン社のボトックスのみでしたが、ナボタ(NABOTA)はFDAやKFDAによってボトックスと同様の安全性や品質が認められています。

98.7%という最高純度の
天然ボツリヌス毒素を配合

ナボタ(NABOTA)は「高純度テクノロジー」というデウン製薬の特許技術によって製造された製剤で、その純度は98.7%という他にはない高純度で精製されています。その技術力や品質が認められ、大韓民国新薬開発賞「技術輸出賞」も受賞しています。

世界60か国ほどで導入されている実績

韓国で新しく開発されたナボタ(NABOTA)は世界60ヵ国ほどで輸出契約を締結しており、また日本国内でもすでに美容クリニックなどで導入されています。

施術部位OPERATION SITE

施術部位

施術の流れFROW

STEP1
カウンセリングを行います。患者様のお悩みや既往歴などをお伺いした上で、施術方法を決定していきます。
STEP2
脇などの痛みを感じやすい部位については麻酔クリームを塗布します。塗布後30分ほど経ちましたら、麻酔クリームを洗い流していただきます。
STEP3
十分に麻酔が効いていることを確認しましたら、ナボタ(NABOTA)を注射します。
STEP4
アフターケアや術後の経過についてご説明します。施術直後は、施術部位を触ったり、刺激を与えたりしないようご注意ください。

リスク・副作用Risks and Side Effects

ナボタ(NABOTA)は、ごく稀に施術部位によっては効果が過剰に現れて違和感を覚える場合があります。万が一このような違和感を覚えられても、術後の経過とともに、3ヶ月程度で落ち着いていきます。

ダウンタイム・術後
についてAftercare

ナボタ(NABOTA)には、個人差はあるもののごく稀に注射部位に薄いあざや痛み、内出血が生じることがありますが、術後の経過とともに落ち着きます。また頭痛や風邪のような症状、吐き気などが一時的に起こる可能性がありますが、これらの症状も自然に改善していくことがほとんどです。

施術例EXAMPLE

施術前

施術前

施術後

施術後

<症例の詳細>
治療名: ナボタ(NABOTA)による眉間のしわ治療  費用: ¥32,340
想定されるリスク・副作用: 赤み、痛み、内出血、腫れ、違和感、まれに頭痛や風邪のような症状や吐き気が生じることがあります。
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

料金表PRICE

コース料金
お顔2単位¥10,780
4単位¥21,560
6単位¥32,340
8単位¥43,120
10単位¥49,500
12単位¥59,400
14単位¥69,300
16単位¥79,200
18単位¥89,100
20単位¥96,800
30単位¥141,900
40単位¥184,800
ボディ50単位¥55,000
100単位¥107,800
脇汗注射100単位¥88,000
部位別の注入量目安(あくまで一般的な目安です)
部位注入量
眉間6単位
目尻6~8単位
10単位
眉間+額12単位
あご4~6単位
ほうれい線12単位
咬筋(小顔形成)20~40単位
お顔全体50単位
肩・ふくらはぎ50~100単位

※医療ローンでのお支払いも可能です。詳細はこちらご覧ください。

Q & ACONSULTATION

ナボタ(NABOTA)の施術中に痛みは感じますか?
ナボタ(NABOTA)の施術中には麻酔クリームを使用するため、基本的に痛みを感じることはほとんどありません。
ナボタ(NABOTA)の施術時間を教えてください。
ナボタ(NABOTA)の施術時間には、個人差はありますが1箇所あたり10分程度のことが多いです。ただし事前に塗布する麻酔クリームが効くまでに30分ほどかかるため、カウンセリングなども含めますと、もう少しお時間を頂戴する可能性があります。施術当日にご予定のある患者様は、ご予約の際にあらかじめお申し出ください。
ナボタ(NABOTA)の効果はどれくらい持続しますか?
ナボタ(NABOTA)の効果には、個人差はあるものの4~6か月ほど持続することが多いです。また、ナボタ(NABOTA)は一度の施術でも効果を感じていただけますが、繰り返し施術を受けていただくことで、効果の持続期間が長くなり高い効果を期待することができます。
ナボタ(NABOTA)のおすすめの部位を教えてください。
ナボタ(NABOTA)は、眉間や顎に注入するのがおすすめです。また、咬筋(エラ部分の筋肉)に処置することで、歯ぎしりやエラ張りなどの改善が見込まれます。
ナボタ(NABOTA)の施術を受けられないことはありますか?
ナボタ(NABOTA)は、個人差はあるものの眼瞼下垂などの症状が見られる場合には、施術をお受けいただけない可能性があります。その場合は、ボトックス成分を含んだスレッド(糸)の「トキシル」をご提案させていただくことがあります。
施術費用について分割やローン払いも可能でしょうか。
当院では、お支払い方法につきましては現金の他、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、医療ローンでのお支払いを承っております。医療ローンは最大60回までの分割が可能となり、事前に所定の書類への記載が必要となります。医療ローンでのお支払いをご希望の際には、ご予約の際にスタッフまでお申し付けください。
※お支払い方法に関する詳細はこちらもご覧ください。
施術における注意点
  • 妊娠中や授乳中の患者様
  • 脊髄、末梢神経の病気に罹患している患者様
  • ボトックス治療で異常反応が出たことのある患者様
  • 全身性の神経筋接合部の障害を持っている患者様

上記に当てはまる患者様には、施術をお受けいただけない可能性があります。あらかじめご了承ください。また、施術を受けた後、女性は2ヶ月間、男性は3ヶ月間避妊をしてください。

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。
個人輸入において注意すべき医薬品等についてはこちらのサイトもご参照ください。

他施術との違いDIFFERENCE

ボツリヌストキシン製剤には、「ボトックスビスタ」「ゼオミン」「リジェノックス」「ニューロノックス」など様々な種類がありますが、ナボタ(NABOTA)には以下のような特徴があります。

米国FDAが認可した製剤
米国FDAが認可したボツリヌストキシンは、アラガン社のボトックスについでナボタ(NABOTA)が2例目となります。低価格ながらその安全性や品質は高く評価されている点が特徴です。
特許技術による「純度98.7%」の純度の高い製剤
「高純度テクノロジー」というデウン製薬の特許技術によって製造されたナボタ(NABOTA)は、他に類を見ない高い精度でボツリヌストキシン毒素を配合することに成功しています。高純度である分、施術による効果はより高いものなっていると言えます。