↑
title
  • 東京銀座
  • 東京麻布十番
  • 大阪四ツ橋
  • 奈良学園前

当院理事長の吉田と
美容家平野香奈絵がプロデュース!
「最大の効果が出る配合にする」
×
「痛みを最小限に抑える」

image
0.67%×pH8

デオキシコール酸は、その濃度によって脂肪分解作用に強弱があります。とはいえ効果だけを追い求めると、注射後の痛みや腫れが大きくなる欠点がありました。
そこで私たちは、「効果」と「痛み」に最大限に考慮した配合を見つけるために何度も試作を繰り返し、そして導き出した数字がデオキシコール酸濃度0.67%×pH8のバランスです。これこそが今回開発した新しい脂肪溶解注射「Key X Liner(キーライナー)」の最大の特長になります。

image

こんなお悩みにおすすめFOR SUCH TROUBLES

  • あご、腕、お腹など部分的にぜい肉が気になる
  • 痛みや腫れが少ない脂肪溶解注射を探している
  • 即効性のある脂肪溶解注射を探している
  • 手術をせずにダイエットをしたい
  • 今までの脂肪溶解注射で効果を感じられなかった

次世代の脂肪溶解注射
「Key X Liner(キーライナー)」
の特徴

Key X Liner(キーライナー)の作用機序は、脂肪破壊成分によって脂肪細胞を死滅させその数を減らします。
一度死滅した脂肪細胞は一生元に戻るため、リバウンドとは無縁です。

デオキシコール酸の脂肪分解作用は全世界で認められており、日本でも「カイベラ」という製剤が以前から使用されています。カイベラはデオキシコール酸を1%配合していますが、この製剤の濃度だと注入時の痛みや腫れが相応にあるため、患者様から続けることができないという相談をいただくことが多くありました。そこで、腫れや痛みなどが発生しないpH値の調整とデオキシコール酸の配合率を0.1%単位で「至適濃度*」にするために我々は研究を繰り返し、最大限の効果と最小限のダウンタイムが両立する脂肪溶解注射を開発しました。これこそが「Key X Liner(キーライナー)」なのです。

*至適濃度とは:「至適濃度」または「至適量」とは、目的を最大限に達成するために適切な量のことを指します。例えば洗濯をするとき、投入する洗剤の量には適正な量があります。美容医療も同様で、大量に薬剤を注入すれば最大限の効果を得られるというわけではないということです。

米国FDA取得の成分を使用

「Key X Liner(キーライナー)」の主成分には、アメリカでは2015年にFDA(日本の厚生労働省)が「脂肪分解成分」として認可しているデオキシコール酸という製剤を使用しています。

image

痛みや腫れを最小限に抑える工夫

デオキシコール酸の注射は効果が高いものの、どうしてもpH値特有の腫れ・痛みがありましたが、当院開発の「Key X Liner(キーライナー)」では試作を重ね、最適なpH値に調整しています。

image

注射直後から効果が期待できる

デオキシコール酸は注射直後から脂肪細胞膜を溶解させて脂肪細胞を減らす効果が期待できるため、個人差はありますが、術後数時間程度でもすでにラインの変化を感じることが多いです。

image

「Key X Liner(キーライナー)」の
配合成分について

デオキシコール酸
脂肪分解作用があると米国FDA(日本の厚生労働省のような組織)に認可を受けた成分です。「Key X Liner(キーライナー)」では、痛みや腫れが少ないように濃度調整・pH調整を行っています。

L-カルニチン
脂肪の代謝を促進させる成分です。L-カルニチンには体内の遊離脂肪酸を細胞内のミトコンドリアに運ぶ働きがあり、糖や脂肪を燃焼してエネルギーにする作用が期待できます。

アーティチョーク
脂肪の代謝を促進させる成分です。むくみを解消する効果も期待できます。

「Key X Liner(キーライナー)」
開発者の声

「しっかり効果がほしいけど、
痛みや腫れが苦手」
そんな患者様の声をもとに開発した
脂肪溶解注射です。
(当院理事長 吉田由佳)

image

主成分のデオキシコール酸は、FDAに認可されており効果は私自身も実感していたのですが、実際の施術の際に患者様から痛みや腫れについて相談を受けることもあり、この部分をどうにか改善できないかと数年ほど考えてきました。そして今回、製造メーカーさんにご協力いただき、デオキシコール酸の配合率を0.1%単位で何度も調整し直して最適なバランスの脂肪溶解注射を開発しました。それが当院オリジナルの脂肪溶解注射、「Key X Liner(キーライナー)」です。今までのダイエット注射で痛みや腫れが不安だった方にぜひオススメしたいです。

医療法人敬愛会 理事長 吉田由佳

形成外科医・美容皮膚科医

関西医大、京都大大学形成外科学教室入局。京都大学付属病院、大阪赤十字病院、済生会中津病院、長浜赤十字病院を経て、医療法人敬愛会理事に就任。低侵襲の美容医療を中心に手掛けており、特にスレッド(溶ける糸)によるたるみ・リフトアップ治療においては海外の学会での講演も多数。

錯綜する脂肪溶解注射に結論を出した、
「Key X Liner(キーライナー)」に
太鼓判を押します。
(美容家 平野香奈絵)

14年に渡り美容医療業界で痩身治療の動向を見ていますが、これまでの脂肪溶解注射については、効果とダウンタイムの面で「もう一歩」と感じることが多くありました。今までなんとなく疑問視していたことを全てこの「Key X Liner(キーライナー)」に注ぎ込んだ結果、患者目線でみても即効性とダウンタイムの配慮に最も優れたもになっていると自負しています。今は、ダイエットのために自分で頑張らなくてよい時代です。食べたいものも制限しなくていいし、やりたくない運動も無理にしなくていい。我慢しないために美容医療があります。身を任せて常に楽に美しく人生を楽しみませんか?

株式会社クレマンスラボラトリー

代表取締役・美容家 平野香奈絵

15年以上にわたり美容医療を取材し続けているジャーナリスト・ライター。メディアで執筆した美容医療の取材記事は人気記事ランキング1位を獲得し続け、自身のリアルな体験を記したその姿には多くのファンから支持を得ている。

image

脂肪溶解注射との比較

試作の結果、デオキシコール酸を主成分とした脂肪溶解注射の製剤で効果を追求すると、0.67%以下は実感できないということがわかりました。一方、0.67%以上の配合率になるとpH値が崩れてしまい、注入時の痛みが伴うことも発見しました。何より、0.67%以上になるとデオキシコール酸の組成が崩れ、0.67%と0.8%の配合率では効果が変わりがないのが事実です。
つまり、Key X Liner(キーライナー)はpH値を限りなく水のpH値に近い中性の8に保っているためほとんど痛みや疼痛を感じることなく、かつ0.6%でもなく0.7%でもない、0.1%単位で細かく調整した「0.67%の至適濃度」を保ったデオキシコール酸の配合率で、痛み・腫れを最小に抑えながら最大限の効果が期待できる脂肪溶解注射へと仕上がりました。

製品名 キーライナー カベルライン カイベラ セルフォーム
プラス
BNLSneo MLM
原産国 韓国 アメリカFDA アメリカFDA イタリア 韓国 スペイン
主成分 デオキシコール酸
(FDA認可)
デオキシコール酸
(FDA認可)
デオキシコール酸
(FDA認可)
  ハーブ ハーブ
デオキシコール酸濃度 0.67 0.5 1 1.5 0.002  
効果
腫れ・痛み ★☆☆☆☆ ★★☆☆☆ ★★★★★ ★★★★★ ★☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆

施術部位OPERATION SITE

脂肪溶解注射「Key X Liner(キーライナー)」は、頬、あごといった顔のパーツはもちろん、
二の腕、お腹、お尻、太ももなど様々な部位の部分痩せに適しています。
※注入量の目安 お顔:12~16㏄ ボディ(1部位:手のひら1枚分):8㏄

施術部位

効果アップが期待できる
併用施術 EXPECTED TO INCREASE

オリジナル痩身漢方薬

当院の痩身漢方は漢方本場、韓国で調合したモムルビウム含有の丸剤漢方を使用しています。食欲抑制効果があるため摂取カロリーを自然にコントロールし体重減少が期待できます。
(1箱10包入り・3箱セット)

オリジナル痩身漢方薬

タイトニングマシン
「ヴィーナスレガシー」

注射後にマシンによる施術を行うことで、脂肪溶解注射後のアポトーシス促進と外側からの皮膚引き締めタイトニング効果が期待できます。
脂肪排出を促進する作用もあり相乗効果が期待できます。

ヴィーナスレガシー

施術の流れFROW

STEP1 カウンセリング
お悩みと希望する治療部位などをお伺いします。
STEP2 診察
お着替えをしてもらい、診察していきます。
診断内容と費用に合意したら、治療を開始します。
STEP3 治療
麻酔をしてから注射でKey X Liner(キーライナー)を注入します。
治療後の過ごし方や痩身漢方が必要な方は摂取方法などを説明し、終了です。
STEP4 お会計
お会計を済ませて次回来院の予約をとってそのままお帰りいただけます

リスク・副作用Risks and Side Effects

個人差はありますが、術後に多少の赤みや腫れが生じることがあります。通常は1日程度で落ち着きます。

アフターケアAftercare

処置後約1週間程度、局所をマッサージするように揉んでいただくと、よりしっかりと効果を実感することができます。

施術例EXAMPLE

お腹・腰回り部分痩せの症例

施術前

施術前

施術後

施術後

ボディの脂肪溶解注射では、週1回の頻度で6回~12回が目安となります。この方は、手のひら4枚分(32cc)の施術を6回行いました。

症例の詳細

施術内容:KeyXLiner(キーライナー)お身体コース32cc(手のひらサイズ4枚分)×6回 340,000円(税抜)

想定される副作用など:腫れ・内出血・赤みなど

小顔・たるみ改善の症例

施術前

施術前

施術後

施術後

頬のたるみや口元のゆるみを改善するために、KeyXLiner(キーライナー)を3㏄×5回とNコグスレッドを7本挿入しました。

症例の詳細

施術内容:KeyXLiner(キーライナー)お顔(オーダーメイド注入)コース3cc×5回 168,000円(税抜)、Nコグスレッド7本 161,000円(税抜)

想定される副作用など:腫れ・内出血・赤み・むくみ、つっぱりなど

料金表PRICE

コース価格(税抜)
お顔
(オーダーメイド注入)
1回3cc ¥38,000
1回5cc ¥59,000
1回8cc¥92,000
5回3cc¥168,000
5回5cc ¥215,000
5回8cc¥278,000
お身体1部位1回8cc
(手のひらサイズ)
¥19,000
二の腕1回16cc
(手のひらサイズ2枚分)
¥36,000
腰回り1回16cc
(手のひらサイズ2枚分)
¥36,000
お腹1回16cc
(手のひらサイズ2枚分)
¥36,000
太もも1回16cc
(手のひらサイズ2枚分)
¥36,000
コース6回16cc×6回
(手のひらサイズ2枚分)
¥180,000
コース6回32cc×6回
(手のひらサイズ4枚分)
¥340,000
※お顔については、二重顎、頬、法令線周りを主に注入し技術料が含まれます。
※バッカルファット(口腔内・粘膜側から頬の脂肪へ注射)、小鼻、目の下などへの注入を希望の場合はお電話にてご相談ください。
※お身体への注射は1回8cc(手のひらサイズ)からとなります。

Q & ACONSULTATION

ダウンタイムはありますか?
注射を刺した部分が稀に赤く腫れたり内出血を起こす可能性はありますが、通常は2~3日程度で次第に落ち着きます。
何回程度注射をすると効果が出ますか?
脂肪細胞を分解し体外に排出させる効果が期待できる「Key X Liner(キーライナー)」は1回でも効果を実感できることが多いですが、1サイズ程度のサイズダウンを希望する際には5回程度の注射をお勧めしています。
治療間隔はどれくらいを空ければいいですか?
おおよそ1週間の間隔で治療をいただくのがベストです。
注射後に特別なケアは必要ですか?
特にありませんが、ダイエット効果をよりしっかりと出したい際には、ご自宅で注射部位のマッサージを3日程度行うことをお勧めします。また当院で行っている痩身漢方やダイエット点滴を組み合わせることで、さらなる代謝促進、脂肪分解作用が期待できます。
痛みや腫れはありますか?
「Key X Liner(キーライナー)」は痛みと腫れ、さらに効果の面に注目して開発した新しいダイエット注射です。痛みや腫れが不安な方にこそお勧め。またどうしても痛みが不安な方には注射前に麻酔を行うなどの対応も可能ですのでお申し付けください。