↑

THERMAGE CPTサーマクールCPT

  • お顔のシワ・たるみ
  • ニキビ
  • 肌質改善

リフトアップ・引き締め・小顔治療に。
ダウンタイムが少ない サーマクールCPT

サーマクールCPTは、高周波RF(ラジオ波)を用いた、たるみ治療や引き締め治療で使用されるマシンです。サーマクールCPTは高周波RFを照射することで、真皮層内のコラーゲンやエラスチンなどの線維芽細胞を収縮させます。それによって肌が引き締まり、フェイスラインや頬を引き締めたり、リフトアップ効果を期待することができます。またサーマクールCPTの照射によって収縮した皮膚のコラーゲンは、修復する際に新たなコラーゲンを生み出すため、長期にわたる美肌効果が見込まれます。
サーマクールCPTの特徴として、痛みが少ないということが挙げられます。その理由は、サーマクールCPTは高周波RFを照射する際に皮膚に振動を与えるからです。この振動によって治療時の痛みが軽減されます。治療中には基本的に麻酔を使用する必要がなく、痛みに弱い患者様にもお受けいただけます。

こんなお悩みにFOR SUCH TROUBLES

  • 頬やフェイスラインのたるみが気になる
  • お腹などボディのたるみが気になる
  • 年齢とともにしわやほうれい線が気になってきた
  • 少ない治療回数で効果が欲しい
  • たるみを改善したいけれど手術はしたくない
  • たるみ改善と同時に肌質改善もしたい
  • 肌のキメがなくなってきた気がする
  • ハリのある肌になりたい

サーマクールCPTの施術

切らずにお肌の奥からたるみを治療

image

サーマクールCPTは、メスを用いない切らないたるみ治療として人気の施術です。高周波RFをお肌に照射することで、真皮層内のコラーゲンやエラスチンなどを収縮させます。これにより、お肌の引き締め効果やリフトアップ効果などが見込まれます。また、収縮したコラーゲン繊維が元に戻ろうとする際に、創傷治癒作用によって今度は新しいコラーゲンが生み出します。サーマクールCPTでは、この創傷治癒を利用することによって長期的なコラーゲン生成を促し、美肌効果を持続させる効果が期待できます。この効果は、個人差はあるものの6ヶ月程度続くことが多いです。

振動による痛みの軽減

image

サーマクールCPTでは、高周波RFを照射する際に照射部位へ振動を与えます。人の身体は痛みや熱を感じる神経よりも、振動を感じる神経の方が、優先的に刺激を受け取り脳へと伝達するため、痛みと振動を同時に受けた場合に振動の感覚の方が脳に伝わりやすく、痛みを感じにくくなります。サーマクールCPTには、このような痛みを軽減する工夫がされており、痛みに少し不安があるという方にも人気のたるみ治療です。

専用チップで目元の治療も可能

サーマクールCPTには様々なサイズのチップ(ハンドピースの先端部分)が搭載されており、患者様のお悩みやご希望に合わせて、適した施術を行うことが可能です。頬やフェイスラインのたるみ治療の他、皮膚が薄くて繊細な目元周辺にも使用できる「目元専用」のチップ(サーマクールアイ)もあり、上まぶたや下まぶたのたるみ、目元のしわやちりめんじわなどへの照射も可能です。一度の施術でも目元をぱっちりさせることが期待でき、施術後すぐにメイクも可能です。

施術部位OPERATION SITE

施術部位

施術の流れFROW

STEP1
カウンセリングを受けていただきます。患者様のお肌の状態を拝見し、ご希望などをお伺いした上で、適した治療方法を決定していきます。サーマクールでの治療をする場合は、施術範囲などを決めていきます。
STEP2
メイクを落としていただきます。クレンジング・洗顔料は当クリニックでご用意しております。
STEP3
痛みに弱い患者様には、ご希望によって麻酔クリームを塗布します。患者様の体質などによって、麻酔クリームの塗布範囲や量は調整します。
STEP4
施術範囲をマーキングしていきます。
STEP5
サーマクールCPTを照射していきます。独自の冷却ガスを照射しながら施術を行うため、痛みを抑えながら治療することができます。
STEP6
アフターケアや術後の経過についてご説明します。ごく稀に、施術箇所に赤みなどが出る場合がありますが、術後の経過とともに落ち着いていきます。また、施術直後からメイクは可能です。

リスク・副作用Risks and Side Effects

サーマクールCPTには、ごく稀に火傷が生じるリスクがあります。どのようなレーザーにも火傷のリスクはありますが、当クリニックでは、冷却ガスを同時に照射してできるだけ火傷などのリスクが生じないように施術を行っています。

ダウンタイム・術後
についてAftercare

サーマクールCPTには、個人差はあるもののダウンタイムはほとんどありません。他のレーザー治療と同様、ごく稀に赤みや腫れなどが生じる可能性がありますが、術後の経過とともに落ち着いていくことが多いです。

施術例EXAMPLE

施術前

施術前

施術後

施術後

<症例の詳細>
治療名: サーマクールによる引き締め治療  費用: ¥298,000(税抜)
想定されるリスク・副作用: 赤み、腫れ、まれに火傷が生じることがあります。
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

目元

施術前

施術前

施術後

施術後

<症例の詳細>
治療名: サーマクールによる引き締め治療  費用: ¥150,000(税抜)
想定されるリスク・副作用: 赤み、腫れ、まれに火傷が生じることがあります。
施術内容に関する問い合わせ先:お問い合わせフォームからどうぞ

料金表PRICE

コース料金(税抜き)備考
サーマクールサーマクールアイ¥150,000クレンジング・
鎮静パックつき
顔(CPT400ショット)¥298,000

Q & ACONSULTATION

サーマクールCPTの理想的な施術回数や頻度を教えてください。
サーマクールCPTの治療は、基本的には1回で終了します。個人差はありますが効果は6ヶ月程度続く場合が多いです。お肌の治癒を考慮すると1年間隔で施術を受けていただくのがおすすめです。
サーマクールCPTの施術に痛みはありませんか?
サーマクールCPTの施術中は、個人差はありますがほとんど痛みを感じないことがほとんどです。レーザーを照射する際には振動を与えたり独自の冷却ガスを照射したりするため、痛みを抑える効果が期待できます。痛みに弱い患者様には麻酔クリームを塗布することも可能です。
サーマクールCPTのダウンタイムや術後の経過について教えてください。
サーマクールCPTには、個人差はありますがダウンタイムはほとんどありません。ごく稀に、照射後赤みや腫れなどが出る可能性がありますが、術後の経過とともに引いていきます。
施術における注意点

サーマクールCTPの施術当日は、メイクや洗顔、入浴をお控えください。また、施術後は紫外線対策をしっかりと行うようにしてください。ただし、施術直後(当日)は、日焼け止めをご使用いただくことができませんので、日傘や帽子、サングラス、マスクなどで紫外線を予防するようにしてください。また施術直後は、個人差はありますが、日焼けをしたような赤みやほてりのような感覚を覚える場合があります。ほとんどの場合、数時間ほどで落ち着きます。
なおサーマクールCTPは、下記に該当する患者様にはお受けいただけない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

  • 妊娠中の患者様
  • 妊娠の可能性のある患者様
  • ペースメーカーを使用している患者様
  • ケロイド体質の患者様

上記に当てはまる患者様は、サーマクールCPTの施術をお受けいただけません。あらかじめ、ご了承ください。

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。
個人輸入において注意すべき医薬品等についてはこちらのサイトもご参照ください。

他施術との違いDIFFERENCE

たるみ治療には、サーマクールCPTなどのレーザー治療の他に、フェイスリフトによる施術があります。フェイスリフトはメスを用いた切る施術です。お肌のたるみの原因である皮膚の下のSMAS層という筋膜を直接引き上げることで、高いたるみ改善効果が見込まれます。切開を伴うため、ダウンタイムが長いというデメリットもあります。
切開によるフェイスリフト術に対して、サーマクールCPTはお肌内部のコラーゲンやエラスチンなどの産生を促すことで、たるみ改善効果が期待できる治療法です。サーマクールCPTは高周波RFを照射する治療で、施術中の痛みやダウンタイムが少なく、比較的お気軽にお受けいただけるたるみ治療です。他のたるみ治療ができるレーザー機器よりも、ダウンタイムを抑えることができるので、長期のお休みが取りづらい患者様にも受けていただけます。
できるだけダウンタイムや痛みを抑えてたるみを治療したい患者様には、サーマクールCPTがおすすめです。また同じようなたるみのレーザー治療にはウルセラなどもありますが、施術できる範囲が広いのはサーマクールCPTの特長です。カウンセリングにて、患者様のお肌の状態やご希望などをお伺いした上で、どのような施術が適しているかなどのご提案をさせていただきますので、まずは一度ご相談ください。