↑
↑

WHITENING / PICOLASERデリケートゾーン黒ずみ改善 通い放題プラン(ピコレーザー)

  • 黒ずみ
  • ホワイトニング

大陰唇・お尻・太ももの付け根・乳輪などの気になる黒ずみに
美白レーザーとして人気のピコレーザーを使用!
デリケートゾーンの黒ずみ改善 通い放題プランです

しみ改善・美白治療で人気のピコレーザーを使用した、デリケートゾーンの黒ずみ改善治療です。ピコレーザーは一般的なレーザー(ナノ秒レーザー)よりも圧倒的(※1000分の1秒)に早い、1兆分の1秒という単位でレーザーを照射して瞬時に黒ずみの原因となるメラニンを破壊します。照射スピードが早いため、スピーディ且つ少ない痛みで施術を行うことが可能です。
デリケートゾーンの黒ずみもお顔のしみと同様で、1回のレーザー照射だけではなかなか根本的な改善が見込めません。また、施術結果に対するイメージ(どのくらい黒ずみを改善したいか?)という点において個人差がかなりあるため、当院では多くの患者様にご満足いただけるよう黒ずみ改善治療(ピコレーザー)の「通い放題プラン」を用意しています。

こんなお悩みにFOR SUCH TROUBLES

  • デリケートゾーン(大陰唇・Vライン)の黒ずみが気になる
  • お尻の付け根の黒ずみが気になる
  • 股の付け根(鼠径部)の黒ずみが気になる
  • 乳輪の黒ずみを改善したい
  • ひじ、ひざ、わきの黒ずみを改善したい

デリケートゾーン黒ずみ改善 通い放題プラン(ピコレーザー)の施術

しみ取りレーザーとして人気の
ピコレーザーによる
デリケートゾーンの
黒ずみ改善・ホワイトニング治療

image

ピコレーザーは、ここ数年で美容クリニックにおける美肌治療の主力マシンとなった実績豊富なレーザーです。数あるピコレーザーの中でも当院が導入している「ピコシュア」は、以下の全分野においてFDA(米国の厚労省)の認可を得ています唯一のマシンです。

  • 色素性病変(しみ・あざ・黒ずみなど)
  • しわ
  • ニキビ痕

ピコレーザーは、これまで主流だった一般的なレーザー(ナノ秒レーザー)の照射スピードよりも1000分の1秒早い「1兆分の1秒」という単位でレーザーを照射するため、瞬時にメラニン色素を粉砕することができます。照射時間が短いため、施術の痛みが少なく、また肌への負担も最小限に抑えることができます。

image

一度の施術では黒ずみの改善が難しい
からこそ
満足いく結果に近づけるように
通い放題プランを用意しました

image

デリケートゾーンやボディの黒ずみも、お顔のしみ・くすみと同様に一度の施術によって肌色の状態にまで蘇らせることは現在の美容医療ではほぼ100%難しいことです。色素沈着の状態や肌質、また患者様のご希望(どこまで黒ずみを改善したいか)などによって必要な施術回数が異なりますが、通常は数回~10回程度の照射でご満足いただけるケースが多いです。
当院では、多くの患者様に結果へご満足いただけるようデリケートゾーンの黒ずみ治療において「ピコトーニング通い放題プラン」をご用意しています。気になる黒ずみをご自身のイメージに近い肌質を目指したい方にお勧めです。

  • 黒ずみ改善治療においては肌の保湿が重要となるため(乾燥することで黒ずみがより悪化することがあります)、ピコレーザーによるデリケートゾーン黒ずみ改善通い放題プランでは、保湿効果・トリートメント効果のある高濃度ビタミンCセラム(SVC RECOVERY SERUM/高濃度脂溶性ビタミンC混合美容液)の塗布を推奨しています。
  • 黒ずみが比較的重度の場合、ピコトーニングだけでは改善が難しいことがあり、この場合はピコトーニングを行う前にインティマレーザーで黒ずみの生じている皮膚の表面をごくごく薄く剥離する施術を行った上で、ピコトーニングによる処置をお勧めしています。事前に医師が診察を行い、実際に黒ずみや肌の状態を確認した上で適切な処置をご案内させていただきます。

よりしっかり黒ずみを改善した方には
ダブル照射プラン
(ピコレーザー×インティマレーザー)

image

デリケートゾーンの黒ずみをよりしっかりと改善したい方には、婦人科黒ずみ治療に特化した「インティマレーザー」とピコレーザーを組み合わせたダブル照射プランがおすすめです。ピコレーザーで皮下のメラニンを瞬時に破壊し、さらにインティマレーザーが皮膚表面上の黒ずみを蒸散作用によって改善することで、気になる黒ずみを根本から改善する効果が期待できます。
また、大陰唇やお尻のたるみ・ハリ不足が気になる際には、ピコレーザーとインティマレーザーのダブルレーザーセットプランにヒアルロン酸注入がセットになった、ハリツヤアッププランも用意しています。

デリケートゾーン美白・ハリツヤアッププランはこちら

当院では全院において女医・女性看護師が診察・施術を行います。

image

当院では婦人科治療の施術において、いずれの院も女性医師・女性看護師がカウンセリング・診察・施術を行っています。美容医療のご相談は様々ですが、その中でもデリケートゾーンのお悩みは、やはり同じ女性に相談したいという声を多くいただきます。また当院は診察室、施術室とも完全個室になっておりますので、どうか緊張なさらずにリラックスした状態でご来院頂ければと思います。

照射時間は10分程度、
術後のダウンタイムもほぼありません。

ピコレーザーによるデリケートゾーンの黒ずみ改善治療は、メスを使用しないレーザー照射による治療のため、施術時間は10分程度で終了し、術後は乾燥を防ぐために保湿ケアをしっかりと行っていただければ、普段と同じ日常生活をお送りいただくことが可能です。
また当院はいずれの院も最寄り駅から徒歩数分程度の距離にありますので、お仕事やご家庭の用事の合間などにも比較的ご来院しやすい環境です。

施術部位OPERATION SITE

施術部位

施術の流れFROW

STEP1
カウンセリングを行います。患者様のお悩みをお伺いし、ピコレーザーの治療が適切かを確認いたします。
STEP2
照射前に麻酔クリームを塗布します。
STEP3
ピコレーザーを照射します。施術時間には照射範囲や照射部位などによって個人差がありますが、10~30分程度です。
STEP4
施術が終わりましたら、アフターケアや術後の経過についてご説明いたします。その後、お帰りいただけます。

リスク・副作用Risks and Side Effects

ピコレーザーによるデリケートゾーンの黒ずみ改善治療は、個人差はありますが基本的にリスクや副作用はほとんどありません。ごくまれですが、照射部位に炎症後色素沈着や白斑が生じることがあります。

ダウンタイム・術後
についてAftercare

ピコレーザーによるデリケートゾーンの黒ずみ改善治療は、個人差はありますが、術後に多少の熱感が残ることがあります。また、一次的におりものが通常よりも増えたり、照射部位に赤み・浮腫みが生じることもありますが、通常は数日程度で改善します。またレーザー照射後は肌が乾燥しやすい状態になりますので、刺激が少ない成分のクリームなどで保湿ケアをしっかり行ってください。

料金表PRICE

コース料金(税抜き)
ピコレーザーによる
黒ずみ改善治療
通い放題
プラン
1部位
(大陰唇・Vライン・太ももの付け根/鼠径部・お尻の付け根・乳輪・ひじ・ひざ・わき)
3か月 ¥65,340
6か月 ¥97,900
10か月 ¥193,600

※医師の診察は 初診料¥3,300、再診料¥1,540がかかります。

※医療ローンでのお支払いも可能です。詳細はこちらをご覧ください。

Q & ACONSULTATION

ピコレーザーによる黒ずみ改善治療はどの部位で施術が可能ですか?
ピコレーザーによる黒ずみ改善治療は、デリケートゾーン(大陰唇・Vライン)の他、太ももの付け根(鼠径部)やお尻の付け根、さらに乳輪やひじ・ひざ・わきといった部位の黒ずみ改善効果が期待できます。いずれの部位も通い放題を実施しておりますのでお気軽にご相談ください。
ピコレーザーによる黒ずみ改善治療は何回程度で改善が見込めますか?
ピコレーザーによる黒ずみ改善治療において推奨される回数には個人差があります。黒ずみが比較的薄い方の場合は数回程度の照射でご満足いただけることもありますが、身体はお顔よりもターンオーバーに時間がかかるため、黒ずみが濃い方の場合は10回前後の照射が必要になることもあります。また肌への負担を軽減するため、照射は2週間以上の間隔を開けて行います。黒ずみや肌の状態によって目安となる回数が異なるため、診察で肌の状態を確認させていただいた上でお答えさせていただいております。
ピコレーザーによる黒ずみ改善治療の後、性交渉はいつから可能ですか。
ピコレーザーによる黒ずみ改善治療後の性交渉については、基本的には照射3日後から性交渉が可能です。性交渉の他、タンポンなど膣内に何かを挿入する行為も3日程度は避けるようにしてください。
施術費用について分割やローン払いも可能でしょうか。
当院では、お支払い方法につきましては現金の他、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、医療ローンでのお支払いを承っております。医療ローンは最大60回までの分割が可能となり、事前に所定の書類への記載が必要となります。医療ローンでのお支払いをご希望の際には、ご予約の際にスタッフまでお申し付けください。
※お支払い方法に関する詳細はこちらもご覧ください。
施術における注意点
  • 妊娠中・授乳中の患者様
  • 悪性腫瘍のある患者様
  • ペースメーカーを使用している患者様
  • 麻酔トラブルのある患者様
  • てんかん発作の既往歴がある患者様
  • ヘルペスやカンジタなどの感染症にかかっている患者様
  • 施術部位に皮膚病変がある患者様(切り傷・炎症・その他術後)
  • 光感受性を高める内服薬・外用薬を使用している患者様(金・白金ナノコロイドを含む)
  • 産後1ヶ月で性交渉の許可が出ていない患者様

上記に当てはまる患者様には、施術をお受けいただくことができません。あらかじめご了承ください。

※自由診療には本国における未承認医薬品・医療機器が含まれます。
治療に使用する機器は当院医師の判断の元、個人輸入にて手続きを行っております。
個人輸入において注意すべき医薬品等についてはこちらのサイトもご参照ください。